エラーレス学習の驚くべき可能性 (親にもできる家庭学習)

 2008-07-14
昨日、花子さんのお母さんから、次のようなメールをいただきました。


金曜日に先生に出していただいた宿題なんですが、
もう全部してしまいました!
花子が「何枚やってもいい?」と聞くので
「いいよ」と言ったら少しして「全部した・・」
と言って持ってきました。

三つの足し算もちゃんと出来ていました。
金曜日に先生に「出来ますよ!」と言われたときは
半信半疑でしたが(すみません・・)一人で出来ました。

漢字も今日、全部してしまいました!!!
先生のおかげで自信がついてやる気になっているんだと
思います。
本当に嬉しいことです!!!
先生は本当にすごい先生ですね!


私はプロとして、発達の課題のあるお子さんの、個別指導をさせていただいています。

かなりの経済的な負担をいただき、恵まれた環境で指導をさせていただいていますから、一般のご家庭で全く同じ事はできにくいと思いますが、親としての学習支援をする場合の、何らかのヒントになることは、あるのではないかと思います。

宿題は、算数と国語、毎日2枚ずつ、合計12枚出しておいたのですが・・・2日でやっちゃいましたか?

教材作り、追いつかなくなっちゃいましたね。自作教材は、時間かかるのですが、これだけ効果があると、時間的なことは全く苦にならないから、不思議なものです。

今、花子ちゃんがやる気になったのは、自分の得意なやり方(言語中心の継次処理の方法)が定着し、そのやり方をしているうちに苦手のやり方(視覚中心の同時処理の方法)も、使えるようになってきたからだと分析しています。

学習方法のミソは、必殺のヒントカード! つまずきを事前に予想して、ヒント(場合によっては、ほとんど答え)を書いたカードや具体物を用意しておくことです。

(例 漢字のカードの裏に、ひらがなの読みを事前に書いておくんですよ 「むずかしい読みは、裏を見て調べよう、自信がついたら、先生に教えてね」 構成はたったこれだけです)

とにかく、私の個別学習には、できないという文字はありません。

計算でも何でも、むずかしいことには、ヒントカードがあり、それがあれば必ずクリアできるものばかりです。

そして、たいていは3週間後には、そんなヒントカードはなくてもできるようになっています。毎日2枚の宿題をしていれば、ほとんどの場合、脳内ネットワーク、形成できています。

自然にヒントがなくなっていきます。(ナチュナルなプロンプトフェイディング法と言うこともできます)

え~~~、ヒントがなくても、できちゃったの?  信じられない 君は天才か? どうしよう、もうプリント売り切れだよ 困ったなあ もうかんべんしてよ

と、適当な時期での、間欠強化スケジュールも忘れません。

苦手なことも、刺激だけは、毎週与えます。 抵抗感が強ければ、得意なことにミックスする「二系統同時刺激法」でアプローチします。 花子さんは、聴覚性の入力が優れていますから、苦手な絵カードには、必ず私の聴覚性の言語の支援を添えています。

毎週これやっていたら、すごろくゲームも、同時処理能力も、ずいぶん向上しましたから、子どもの成長力には恐れ入ります。

花子ちゃんの、書字改善にも、光が見えてきました。

① へんとつくりに分け、文字の構成要素を分割してとらえさせることにより、同時処理としてのとらえが容易になってきました。

② 算数の形作り(パソコンゲーム)により、文字の形を識別する力も向上していきました。

③ ゆっくりかこう という指示を受け入れることが容易になり、手先の微細運動の訓練もさほど抵抗感がなくなっていきました。 

(SHINOBU先生といっしょに勉強すれば、必ず勉強ができるようになる、という暗示がかかってきました=これぞエラーレス学習の絶大な効果です)

あと、ご家庭の絶大なご協力も大きな力になりました。

高い月謝をいただいていますので、とかくプリントのみの学習になりがちですが、すごろく遊びやパソコンゲームもあたたかく見守ってくださいました。(実は、結果としては、こっちが近道でした)

保護者の方の私に対する信頼感が、お子さんに伝わり、そのことが私自身のモチベーションをどんどん高めていきました。(教材づくり、楽しくてたまらなくなってきましたから・・)

この前、そうたママに、視覚支援のイラスト作っていただき、添付メールで送っていただきました。

ブログで知り合ったお母さんにこんなことまでしていただいて、これからどんな風に発展するのか、とてもありがたいことです。

親だからできること、親でもできること、先生だからできること、先生でもできること、いろいろありますよね。

お子さんの幸せと成長を真ん中に置いて、手と手をつなぐパートナーシップ。

ここにもまだまだ大きな可能性が残されていると考えています。私のまわりのお母さんって、どうしてみんなこんなにも前向きなのでしょう?

答えは、簡単。

子どもの力が、母も家族も、指導者さえも、みんなまとめて育ててくれているのです。

FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。

コメント
SHINOBU先生、こんにちは!

ヒントカード、「なるほど~!!」です。
うちのチビ娘(小1)も、物事の規則性を把握したりなどの学習が、あんまり得意じゃありません。
問題が「解けない」となると、たちまち自信を失い不機嫌に・・そして、学習に対するモチベーションがいっきにダウン^^;

こんな時、どうしたらいいんだろう・・と、いつも途方にくれていましたが

「ヒントカード」!

これだったら、私にも、作れるかもしれません。
工夫して、やってみます。

教えてくださり、どうもありがとうございました。


そして、最後の言葉、
「子供が私たちを育ててくれている」に、私も全く同感です。

私、ホントに、「どーしようも無いヤツ」だったけど、子ども達が生まれて、成長させてもらうことができました。子ども達のおかげで、毎日幸せを感じています。

子どもって、本当にすごいですよね!
【2008/07/14 13:22】 | ミカ #- | [edit]
ミカさんへ

リズムに乗るまでは、誰だって心配だし、不安じゃないですか?

ましてや、あまり得意な分野じゃないと、なおさらですよね。

だったら、小さな階段一歩ずつ登っていこう、そんな発想です。

登れる階段こさえるのは大変だけど、登り始めたら、そんな苦労も吹き飛びますよ。

やってみる価値は、あるとあると思います。

というか、ミカさんはもっとすごいこと、いっぱいやってます!
【2008/07/15 07:50】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/192-49a73638
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ