応用行動分析で子どもは変わる

 2016-01-12
先日、ある5歳の男の子がレッスン中にふざけて、きちんとした姿勢で学習に取り組まなくなりました。

ちゃんといい姿勢で学習しなさい、と注意してもききません。

さて、あなたならどうしますか?


「あれー、残念。 今日お勉強がんばった人にはドラえもんのまんが、一緒に読みたかったのになあー」

私が、つぶやくようにそう言うと、あらあら不思議、

それまでぐでぐでだったその子の姿勢が、急ににょきにょきっと良い姿勢になりました。


「さすが健太君、おりこうやなあー、先生はお勉強がんばる健太君が大好きだよ。 じゃあこれから一緒にドラえもんのまんが読もうなー」


見事に決まった私の1本勝ちです。

それまでこの子の対応に四苦八苦していた指導員が、私の対応を見て目を丸くしていました。


子どもには必ず内発的な学びの意欲があり、より望ましい自分に成長したいと願っている、

それが私の子ども観です。


それをしてなおマイナス行動をとるには、必ずその行動を維持させている要因がいくつかあるはずです。

それを瞬時に読み取り、それに代わるバイパス行動を提示し、更なる強化子を提示して、本来の自己実現に向かわせる。

それが私が応用行動分析を学び、実践で生かす論理のベースとなっています。


小学校の教員時代、同じ先生でありながらA先生にかかると魔法のようにいい子でいる子どもたちが、B先生の前ではぐたぐたの烏合の衆と化してしまう、

日常的にそんな光景を目の当たりにしながら、いったい何が違うのか、どこをどうすればその極意を会得できるか、ずっと模索していました。


そんな中、大学院で応用行動分析を学び、この応用行動分析の枠組みで、これまで起こっていた子どもの良い行動もそうでない行動も、すべてそのメカニズムを説明できると感じました。

今私は、どんな子どもであっても、時間的物理的な環境さえ与えていただければ、基本的に必ずずコントロールできる自信があります。


子どもは誰しも必ず良い子になりたいと願っているのです。

それが信じられなくなったら、その日にも私は教育の仕事から身を引く覚悟です。


そのことを心の芯から信じ、それを具体化できる技術を愛情と有してこそ、教育者に値する人物たると、私は考えているのです。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1907-3893e1e3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ