共に生きるという感性を育む

 2015-12-30
大学院時代に読んだ論文のいくつかに、「幼少期の障がい児との接触や交流体験の有無が、その後のインクルーシヴな感覚形成に大きな影響を与える」 ことが実証されていました。

障害児教育から特別支援教育へと名が変わり、それぞれの子どもの発達にかかわる専門性が社会的に認知されていく流れの中で、その専門性の名のもとに、次から次へと子どもたちが通常の子ども集団の中から分離されていくのを見て、私は何という矛盾・逆行であることかと、ずっと胸を痛めてきました。


それぞれの子どもの特性に合わせた豊かな教育の場の必要性に異議を唱えているわけではありません、

教育と医療との連携を否定しているわけではありません、

ですが、「専門性の名のもとに、子どもをナチュラルな子ども集団から引き離し、セラピストにすべてを丸投げしてしまって、それで教育の役割が終わりみたいなことになっていませんか」 ということを世に問い続けなければならない事例に、次から次へと出会ってきました。


真に高い専門性をもつ者こそ、どの子も同じ子どもの一人であるという、ナチュラルなインクルーシヴな感覚を、その基底にしっかりともっていなければなりません。

どの子も、この世に生をうけた大切な命、

こうした崇高な人間観は、必ず、まっさらな子どもの心にしみわたっていくはずです。


その勝負は、0歳~12歳までの感覚期・少年期に、いかに豊かでナチュラルでインクルーシヴな教育が行われるかどうかにかかっていると、私は思っています。

基本的信頼感も、運動神経も、絶対音感も、大人から始めても決して育たないものがたくさんあるはずです。


私の個別レッスンは、保育園や幼稚園を休んで来てくれる子も多いのです。

ならば、手ぶらで帰すようなことは決して出来ません。

子どもを集団から分離しようとするのであれば、その時間をして、余りある豊かな専門的が担保されなくてはなりません。


すべての子どもは、きっとその子にしか出来ない役割をもって、この世に生を受けたはず、

心の芯からそういう豊かな感覚をもった子は、必ず他者の命を慈しみ、自分の命を大切にする子に育ちます。


共に生きるという感性、

幸せの根元は、きっとこの近くにあります。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1902-df7f95c6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ