プロの見立て

 2015-11-28
私は、支援者として、能力的に特に優れているものはありません。

ですが、極めて恵まれた環境にあると思っています。


2歳くらいから18歳までのマンツーマンレッスンの実践を、週に100本近く積み上げている、

おそらくは日本でも有数の実践量、個人としての限界量ギリギリの線を行っているはずです。

そもそも、就学前の子と、就学後の子の双方の実践をもっている人自体が、稀有な話であるはずです。


教材作りにしても、気になる資料があれば自由にいくらでも購入できますし、行こうと思えば研修だって何だって、決裁権は自分自身がもっています。

教材作りや事務の専門スタッフがおり、頼んでいた資料があれば、1時間もしないうちに試作品を持ってきてくれています。


事業ベースでいえば、圧倒的な利用実績の伸びがありますから、人事も予算も事業計画もの一切も、すべて一任された格好です。

すべての職員は、この目で確かめて採用していますから、人柄も抜群で、絶大な信頼感を私に寄せてくれています。


こうした立場で、直接子どもやご家族に向き合っていると、色々なことが見えてきます。

それは、私の能力が優れているのではなくて、このポジションだから見えてくること、

このポジションでしか見えないことがあるのです。


例えば、それは決して断定的なものではありませんが、同じようなタイプの子が、3年後・5年後にどんな感じになっているかは、数値とかではなく、実践例を通して何となく具体的に思い浮かべることができるのです。

私自身の感覚では、こうした見立ては、まず外れることはありません。

だからこそ今、自分のなすべきことが見えてくるのです。


「何年か前に先生がおしゃっていた通りになりました」

「先生のおっしゃっていたことが、結局は1番の正解でした」

長年私の所へ来てくださっている方の何人かは、そうおしゃってくださいます。


もしも私に、出来ることと出来ないことがあったなら、出来ないことの方が圧倒的に多いのです。

だからこそ私は、なすべきその役割をしっかりと見据えながら、何かのことでぜひお役に立ちたいと、心から願っているのです。








にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1884-f95144a2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ