家族の願いを具現化する

 2015-11-05
DSC00748.jpg





先日、正面玄関の掲示コーナーに、以下のような内容のものを掲示しました。



  ☘☘☘  白ゆりの児童  ☘☘☘

☘  すべての児童は、人として尊ばれる。

☘ すべての児童は、特性理解に基づいた内容豊かな 教育を受ける権利を有している。

☘ すべての児童は、安全で豊かな環境で育てられ、 放任、身体拘束、偏見、差別、虐待、風評被害、 無理解など不当な扱いから守られる。

☘ すべての児童は、愛情と信頼によって結ばれ、自分らしさを発揮しながら、社会の中で自己実現で きるよう育てられる。






私は今日まで、ただ一人一人の子どもの成長とご家族の幸せのために何をすべきかだけを考えて前に前にと進んできました。

その一人一人の子どもとご家族の願いを集約したら、きっとこんな言葉になる。


この 「白ゆりの児童」 という掲示は、児童憲章を参考に、そんな私の思いを文章にまとめたものです。

こんな当たり前のことを、あえて掲示しなければならない現実、

その現実にひるむことなく立ち向かっていくための、その決意を深さを示すために、今回掲示コーナーの一番目立つ部分に配置しました。


それぞれの子が、社会の中で、当たり前のように受け入れられ、自己実現していく世の中、

それはきっと、すべての人の幸せと密接に関係しているのだと、私は考えています。


そのために、自分がなすべき役割は、いったい何なのか?

これからもずっと、そのことを見つめながら、力強く歩んでいきたいと、心から願っているのです。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1878-5cdf72a8
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ