子どもにとっての教科学習

 2015-10-27
先日ある女の子と、コンパスを使って三角形の学習をしました。

まだまだたどたどしい手つきではありましたが、目を輝かせながら、一生懸命二等辺三角形や正三角形の作図に取り組んでいました。


個別指導の場面では、こうしたなかなか集団学習では出来にくい内容の学習にもチャレンジしていくことができます。

私は、新しい教材に出会ったときの、あの何とも誇らしくも生き生きとした子どもの表情を見るのが、たまらなく大好きです。

私のレッスンは、ある意味、一人でも多くの子どもに教科学習のすばらしさを体感させるためのチャレンジであったと思っています。


何を整えれば、この子にコンパスを使った学習ができるのか、

どこをどう工夫すれば、この子に漢字の学習の楽しさを体感させることができるのか、

どんな力を育てていけば、この子に素晴らしい物語の扉に触れさせることができるか、


そのチャレンジをなくして、教育を語る資格などどこにもない、

子どもに教科の楽しさ、すばらしさを与えられない先生が、どうして子どもの豊かな社会参加や自己実現を支援することができようか、

それが重度の子であろうがなかろうが、私は今日までそう信じて、臨床の最前線で戦い続けてきました。


子どものとき、豊かな学びを体感したこ子ともこそが、社会の中で、人の輪の中で、他者に貢献していく者に育っていくのです。

目先の安物の職業技術だけを教え込もうとするのではなく、懸命に様々な学びに向き合った子どもこそが、しっかりとしたアイデンティティーをその手につかんでいくのです。


どの子も等しく、学ぶ権利をもってこの世に生を受けてきたはずです。

だからこそ今、この子にとって、教科を学ぶ時間が不可欠なのです。


実践を積み重ねていくごとに、その信念は、さらに揺るぎのないものへと変化してきています。

もはや、これこそが私のライフワーク、生きている証なのかも知れません。


一期一会の学びの時間、

時間の流れは、二度と戻ってくることはありません。


毎回の学習をきちんと積み上げていくこと

平凡に見えて何よりも価値のあるそのことを、これからもずっと、大切にしていきたいと願っているのです。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1873-99f6bb0e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ