FC2ブログ
 

我が子のわかり方を担任の先生に伝える (最悪なら状況を変える営みを)

 2008-07-09
昨日のマドンナさんのコメントの中に、「学校の先生と どのような方法がわかりやすいか、話し合いながらすすめた思い出があります。 」 という部分がありました。

私は、特別支援学級の担任の経験がありますが、お子さんの特性を理解するのは、なかなかむずかしいことでした。わかってしまえば、何の事はありませんが、教師とはいえ、細かい部分まで自分と違う感覚を理解し、受け入れ、それに合わせた指導方法を開発するのは容易ではありません。

一人でも難しいのに、数人の小集団学習となると、本当に大変です。

その点、ご家族の皆さんは、生まれたときからずっと、お子さんに寄り添って暮らしてこられてきたわけですから、理解の深さは担任と比べようがありません。

それに、担任は、「やっと理解できたころには、ハイ転勤」なんてことは日常的に起こります。

私の場合、保護者の方が 「先生のやり方で、思うように指導してください」 と、おっしゃってくださいましたが、実際には、毎日何ページにもわたる連絡帳やお電話、家庭訪問など、相当な時間をお子さんの理解に費やしていました。

お子さんの事を本当に理解できていなければ、指導は形式的なものになってしまいがちです。

暗闇で鉄砲撃っているようなものですから、時には当たりますが、歩留まりは相当低いものになってしまいます。それで良いというなら、何も申しません。

しかし、発達の課題があるお子さんの場合、一日一日の歩みは、とても大切であると考えています。ならば、マドンナさんのように、しっかりと担任の先生に向き合うことは、とても重要なことだと私は考えます。

私の教えたお子さんのご家族は、タイプは違うかも知れませんが、「岡山のマドンナ」と呼んでも差し支えないほど、すばらしいお母さん・そしてご家族でした。

このご家族のご期待に応えたい。私のモチベーションは、ほっておいてもいつも自然にMAXでした。そして、例えば九九ひとつ学習する時にも、ご家族の反応や家庭での学習状況がいつもモニタリングされていました。

私の教育実践は、このご家族とのパートナーシップを抜きには、成立し得ませんでした。

昨日、太郎君のお母さんからメールをいただきました。

太郎君は、最近算数の宿題が少しハードになってきて、お母さんにもかなりのご負担がかかっているようです。でも、ランドセルの中をみると、提出されたプリントにご努力の跡が伺えます。家庭でできなかった宿題は、通常学級の先生が次の日に、個別に教えてくださっているようです。その様子を見たら、私も何とか力になりたいと思うじゃありませんか?

すばらしいお子さんと先生です。このことを、太郎君が感じないわけはありません。

昨日のお迎えの時に、別な保育園の保護者の方から、「先生、太郎君、先生のことすきなんじゃなあ、見ててわかるわ、すごいね、先生」と言ってくださいました。

私は、保育園の保護者の方に、取り立てて太郎君の指導のことについてお知らせしたことは一度もありません。でも、こんなふうに大切なことは、ちゃんと伝わっていくのです。

友里ちゃんのお母さんからは、「もし可能であれば、夏休み中に週4時間の個別指導は可能でしょうか?」 というお問い合わせをいただきました。

学校のテストの点数ではなく、言葉やコミュニケーション能力そのものを育てて欲しい、という切なる願いや思いが伝わってきます。


ここまでは、先生と連携したり、先生と一緒に育っていくことが可能なケースの話です。

もし、先生とパイプをつなげることが可能なら、家庭と学校とが連携すれば教育の効果は、さらに増幅されるのはまちがいのないことです。

このブログにリンクさせていただいているお母さん方は、すべてその実践者ですので、ぜひとも参考にされたらよいのではないかと思っています。


言っても無駄、逆効果の場合があるということが、私には悲しく、信じられない思いです。

不幸にして最悪の環境だと判断されても、泣いてなんかいられませんよ。時間は止まってくれませんし。

ならば、その環境を少しでも良い方向に変えていく営みをするしかありません。今年ダメなら、せめて来年とか、何らかの動きは必要です。

友里ちゃんのお母さんのように、ネットでこのブログを発見して、速攻でご相談に見えたケースもあります。

岡山の場合、IQ値が低いと、通級指導教室の対象から、実質的にははずされてしまいます。

太郎君の担任の先生にすばらしい先生がついたのも、私は、就学前の、強烈な学校へのアプローチが効いたのだと思っています。結果的に、私がイメージしていた通りの先生をつけていただきましたから。あの根性と努力(とちょっとのあつかましさ)がなかったら、今は悲惨な状況になっていたかも知れません。Drから無理と言われた通常学級で、ここまでできるようになったのですから。

この辺の学校の担任決定のしくみについては、小学校での学級担任の決め方(3/12)に書いていますので、よろしければ参考になさってください。

FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。
コメント
私が以前住んでいた、東京都B区でも IQが規定以下だと ばっさりと通級をはずされました。
「IQが低い子は 通級に通っても無駄だから」という 当時の通級の指導の先生お話でした。(当時は文部科学省の研究指定校でした)

はじめは区内に1学級のみでしたが、希望者がとても多く、常に2桁にのぼる待機の人数になったため、文教委員会(議会の委員会)でも議題となり、もう1学級設立されました。必要な生徒に 必要な支援を・・・という考えからでした。

IQだけでは はかりきれない能力というものは理解されづらいものです。 「切り捨て」られる時には IQは冷たい基準だと思います。
【2008/07/09 23:19】 | マドンナ #CFnWuolQ | [edit]
私が、大学等で教育を学んだ折には、「診断やIQ値は、単なるプロフィール、人間のほんの一面を数値化しただけのものであるから、そのことに必要以上にとらわれてはならない」と、きつくきつく指導を受けました。

しかし、それは、あえてそのことを強調しなければならないほど、誤った使われ方をされてしまっている現実の、裏返しでもありました。


昨日、保育園のキャンプの下見に保育士といっしょにでかけました。

食事ができる場所がありましたので、下見を兼ねて、利用されていただきました。

中には私たち2人だけで、他のお客様はいらっしゃいませんでした。

券売機で、私はカレー、保育士はうどんの食券を購入しました。

カウンターに食券を出すと、「1」と「2」の番号札をポイと出されました。

言っておきますけど、他に一人のお客様もいないんですよ。この番号札はないでしょう。

番号札を機械的に出すのではなく、「今日はどちらからお見えになったのですか?」の一言が先ではありませんか?

ここの経営に、理念も何もありません。こういう感覚では、CSを満たせるわけもなく、必ず自然淘汰されていくはずです。

IQ値に必要以上に固執する感覚と、この番号札は、私には同じに思えてなりません。

一日も早く、本来の、正常な感覚のシステムにしていかなければならないと考えています。
【2008/07/10 07:41】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/187-697b9b88
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫