個別学習とタブレット

 2015-10-16
DSC00723.jpg




日によって、時間によって、いつもとは限りませんが、白ゆりのマンツーマンレッスンでは、一人の子どもに2人の先生がつく場面があります。

主にプリント学習は私が担当して、タブレットなどの教育機器を活用した学習は、別の職員が担当します。

実はこの先生、小さい時から私がレッスンをさせていただいていたお子さんのお母さんで、この春から白ゆりの職員として採用させてもらった方なのです。


この春、そのお子さんが見事第一志望の高校に合格しました。

自分の子どもとともに培ってきた内容を、これからは多くの子どもの学びに生かしていきたい、

採用面接のときに、目に熱いものを浮かべながら、私にそう伝えてくれました。


この先生は、私と同じことは出来ませんが、私には出来ないことが出来ます。

タブレットを使った文字や数の学習を、私のレッスン以上に楽しみにしている子も、だんだんと増えてきました。


何年も何年も、わが子の学び、わが子の育てに心血を注いで取り組んでくださった経験が、今ここに花開こうとしているわけです。

今の白ゆりの教育は、こうした思いの積み重ねの上に成り立っています。


これから、リーダーとしての私のすべき道は何なのか?

その一つの方向性を、このことが指示してくれているような気がしてならないのです。







にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1868-cb8bebd4
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ