「肯定感を培う子ども学び」ダウン症児とともにあゆむ③

 2015-10-06
先日行った講演の内容について、あるお母さんがまとめてくださり、会報誌に載せてくださいました。

このことが、あまりにもありがたくて、うれしくて、ブログの記事にさせていただけるようお願いをしました。


ほぼ原文のまま、以下に掲載させていただきました。

本当に幸せです。



「肯定感を培う子どもの学び
     ~ダウン症の子どもとともに歩む~」SHINOBU先生の講演会


平成27年8月30日、白ゆり発達支援センターにてSHINOBU先生の講演会が開催されました。JDS会員外の方7名を含む48名という多くの方々にご参加いただきました。

SHINOBU先生にはわが子が大変お世話になっており、白ゆりに来ると何故子どもが生き生きと目を輝かせながら集中して勉強するのか、どうしてこんなにも大好きな場所なのか知りたくて私も参加しました。

まず、ブログ実践記録「ダウン症の学びと育ち」7年間の147の記事(2009~2015)の中から具体的なエピソードを動画を交えながら紹介していただきました。

ダウン症の子どもたちは言語より数的感覚が苦手な子、視覚的にとらえる事が苦手な子が多い、目は横に付いているのであえて教材は見やすい横書きにしてすべてふりがなをふっている、言葉にならない言葉を拾ってあげる、得意なことを活かして苦手なことを伸ばす、具体物を(果物のおもちゃ・10円玉など)数感覚を身につけさせる工夫をレッスンの中でしているそうです。

次に、SHINOBU先生の個別支援のエキス、支援基礎技術の方法を紹介していただきました。

① 支援除去法(プロンプトフェーディング)
子どもの出来にくい部分に適切な支援を入れ、豊かに活動を構成しながら周辺の領域を育て、段階的にその支援を除去していく方法
 (例:文字が自分で書きにくい子には手を添えてだんだん手を離すなど)

② 課題分析とスモールステップ
子どもの出来ないことと出来ることの間に、どんな力を育ててやればよいのかを明確にして、出来ない時の手だてを明確にしながら、段階的な目標設定をする方法。 出来ることから積み上げていく。

③ 認知処理様式に基いた長所活用型支援
認知処理様式(同時処理/継次処理)=二系統同時刺激
視覚認知の弱い子は得意な言語に聴覚性のものを添えてやる。
視覚的系統と聴覚的系統の両方をミックスしながら育ててやる。だんだん聴覚的な物を除去していく。(例:文字を読んで分かりにくかったら「これは~よ」と言葉を添える。)

④ 先行刺激(ヒント)
子どもの持っている力を引き出すための方向付け、問題解決のための引き出しを刺激する方法。(例:メモ用紙に色んなヒントを書いて見せる)

⑤ プライミング支援
全く歯が立たない内容であっても選択肢を示してやるなど、その子の持っている知識や技能を呼び覚ます支援。
(例:「赤」という漢字がわからない→「白」・「赤」を書いて見せてどっちか選ばせる→わかったら「よく覚えていたね」と褒める→意欲的に学習できる。)

⑥ 視覚支援
A範囲の明確化(情報の質的・量的精選) 範囲を区切る
B色支援による内容の焦点化  視覚認知が弱い子には色支援が有効

⑦ 応用行動分析
望ましくない行動をするには必ず理由がある→何かを訴えている→訴えたい事を汲み取ってやる。マイナス行動にかわる良い行動をモデルとして示してやって、それが出来るようにプログラムして、出来たら褒める。


SHINOBU先生がおっしゃった言葉で私が特に印象に残ったのは、「“こんな子に勉強を教えてどうするんですか?もう頑張ったじゃないですか?もういいでしょ。”と言う先生が時々いる。この言葉は絶対に許せない。」

「子どもから学びを奪わないで欲しい。“あなたは学ばなくていいよ”って事は“もう生きなくていいよ”と言う事と同じです。子どもにとって大切なのは学び、そこから軸足を絶対外さないのが私の信念。」

「どんな学習内容であるかを問うのではなくて、学びに真剣に取り組むこと、そのことによって子どもの自尊心が培われ、将来、社会的自立に向けての基盤になるのです。」という言葉でした。

やっぱり、私たちの子どもの事を私たち親と全く同じように心から真剣に想って、子どもの可能性を信じて勉強を教えてくださっているSHINOBU先生だからこそ、わが子は全幅の信頼を寄せ、白ゆりに来るといつも目をキラキラ輝かせて喜んで勉強するんだ!という事が分かりました。

JDS岡山支部長のかれんママとSHINOBU先生との出会いがなければ今の白ゆり発達支援センターは無かった、かれんママとSHINOBU先生との出会いに感謝しています。この岡山に白ゆり発達支援センターがある事が本当に幸せだと思いました。








にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1864-f07da9db
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ