数少ないわたしのとりえ

 2015-09-26
昨日は、りんちゃん(中2)のレッスンがありました。


講演会の時に、

「情報の量が多いと、子どもはどこの何をみたらよいのか、わかりにくくなることが多い。そういうときは、見る範囲を限定してやったり、色によって注目させるべき点を焦点化させる支援が効果的」

そんな内容のお話させていただいた記憶があります。


りんちゃんのお母さんも、講演会にお越しくださっており、この日のレッスンが終わるや否や、「先生のお話をもとにピンときたことがあり、すぐに実行してみたら、これまでできにくかったことがすぐにできるようになった」 と、とてもうれしいお知らせをしてくださいました。

他の方は、他の方で、それぞれにまた違っ収穫があったやにも、お聞きしました。


これまで何年間かにわたる実践をふりかえり、そのことを整理してお伝えすることで、皆様に何かの恩返しをさえていただく、

このことが、私の今回の講演のモチーフであっただけに、こうした内容はとてもうれしく感じました。


補助金をいただき、本館が建設され、これまで何年にもわたって支援を続けさせていただいた子どものご家族を、そこにお招きしての講演会、

この奇跡のような出来事の中で、精一杯そのことに取り組める自分のことを、本当に幸せに思います。


これまで私の実践の背景や、指導の工夫やポイントを具体的にお伝えしたことで、以後のレッスンのねらいが、私にもご家族にも、よりクリアに見えてきだしたように感じています。


もっともっと豊かな実践を積み重ね、いつかどこかで、また皆さんに大切なことをお伝えする機会がもてたら、どんなにすばらしいことでしょう。

講演会をする度に、新たにまたご縁がつながる子どもが、必ずいるものです。


私の力では、いくらがんばっても、講演は年に2回が限度ですが、だからこそ与えられた機会には、真心を込めて取り組んでいきたい、

一発勝負に強いのが、数少ない私のとりえの一つかもしれません。










にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1860-09052855
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ