塵一つ落とさない気概

 2015-09-18
私が小学校の教員時代、参観日の前に、教室環境などが整っているかどうかを確かめに校内を巡回したことがありました。

ほとんどのクラスは、翌日の参観日を迎える環境がきちんと整っていましたが、その中に、これは一体どうなっているのかと目を疑うような教室がありました。

そのときは、ちょうど教頭先生が入院されていた時期であったので、教務主任の私がその先生に最低限ここまではしておきなさいと、注意をしましたが、その先生はそれを受け入れようとはしませんでした。



平成27年3月、岡山市より補助金をいただき、発達支援センターの本館が完成しました。

壁紙やタイルの色や材質、備品の一つ一つに至るまで、責任者の私が一つ一つを吟味し、検討し、発注をさせていただきました。


ここは、子どもたちに最高の環境を提供させていただくところ、

塵一つ落とさない、どこにも負けない行き届いた環境で、子どもたちと保護者の皆様を、毎日お迎えさせていただこう、

落成式を前に、私は職員にそのように伝えました。


うちの職員は、有名大学出身でもなければ、何か特別な実績を上げてここにきたわけでもありません。

ですが、全員私のことを信頼し、心を一つにして、毎日の仕事に取り組んでくれています。


リーダーの指示に従えないような選手のいるチームが、連戦を勝ち抜いていくことは決してできません。

結果にかかわるすべての責任は、トップである私がとる、

塵一つ落とさない気概、

そこに込めるのは、大切なお子様の育てを託していただいているという、支援者としての誇りと使命感以外の何ものでもないのです。









にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1857-36f318e9
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ