子どもに向き合うことで育つもの

 2015-09-07
この活動を始めて間もない頃、次から次へとお越しくださる新規のお子様への対応で、レッスンが終わったあとで口がきけないほどヘトヘトになった日のことを、今でもはっきりと覚えています。

大阪への出張レッスンを始めて間もない頃、岡山のレッスンを終えて大阪へのホテルへ直行、

そのホテルで、深夜まで翌日のレッスンの模擬練習をした日のことを、今でも忘れることができません。


本当に、あの頃は苦しかったし、何よりも自分の指導技術の未熟さを、日々大きなダメージとして受け止めるような連続でした。


先日、久々に講演をさせていただきました。

参加者の多くは、平素私のレッスンを受けてくださっている方々でしたので、これまでの実践を整理して、このワンチャンスにしっかりと大切なことをお伝えできればと願っていました。


会の終了後も、その手感じることができました。

これまで続けてきた自分のレッスンの狙いや方法を、きちんとお伝えしたことで、また大切な何かが浮かび上がって見えてくるような印象をもちました。

講演をさせていただいて、一番勉強をさせていただいたのは、誰でもないこの私自身なのだと実感しました。


本当は、そんなかっこいいことでも何でもなくて、正直ただ逃げることができないから、頑張れただけに過ぎません、

でも、子どものことに真剣に向き合うからこそ、私は変わることができた。


真摯にわが子の幸せを願う母の横顔から、私はいつもそんな思いをもつことができるのです。










にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1852-ebc90936
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ