FC2ブログ
 

たし算でつまづく子の手だて (視覚優位だからと言って 同時処理とは限らない)

 2008-07-08
今日は、実際の個別指導場面からの気づきについてお知らせしようと思います。

お子さんのもののわかり方のタイプに、同時処理タイプと継次処理タイプのお子さんがいらっしゃることについては、先日の記事(5/25)で紹介させていただきました。

自閉症のお子さんの中には、聞き言葉による入力(聴覚刺激)が苦手だけど、絵カードや実際の動作などの入力(視覚刺激)なら得意、という方が多くいらっしゃいます。

私が指導させていただいている太郎君(仮名=1年生・男子)も、そのタイプです。

これまでは、言語面を中心とした課題に主に取り組んできました。

算数については、お母さんが小学校入学前から、公文に行かせてくださっていましたので、ある程度は行けるだろうという判断もありました。

ところが、1学期も後半になり、たし算や計算カードが出てくると、いきなり宿題で立ち往生してしまう場面が多く見られるようになりました。

さっそく土曜日に、学校からいただいた計算プリントに取り組んでみましたが、やってるうちに、いろいろなことに気がついてきました。

例えば「6+3」という問題を解く場合に、数図ブロックでまず「6」と置かせてみましたが、この「6」をイメージとして頭の中でキープすることに慣れていません。せっかく「6」とブロックを置いたのに、3を足した後に、また1から順に1・2・3・・・・・と9まで数えてしまいます。

つまり「6」を、量的に「6」とイメージしてキープする良さに、まだ気がついていないわけです。

ためしにと思い、すごろくゲームをしてみました。

やっぱり、さいころの「4」を見て、ぱっとそれが「4」だと、とらえてはいないようです。「4」の目が出ると、いちいちその目を「1・2・3・4」と数えていました。

つまり、太郎君は視覚優位の入力ですが、数については継次処理が優位なわけです。

花子さん(仮名=2年生・女子)は、聴覚入力のタイプですが、やはり継次処理のお子さんです。でも、毎週、数量に対する刺激を与え続けていると、継次処理ではありますが、サイコロの目、読めるようになってきましたから。

ちなみに公文式は、継次処理のスペシャル版であると聞いたことがあります。(自分で確認したわけではありませんので、もし違っていたらすみません)

私は、「視覚優位なら、当然、処理の仕方も、映像系の同時処理だろうと」と浅はかに考えていましたが、少なくとも、この子の算数は、継次処理で進められていることがわかりました。

それならそれで、やり方はあるんだよ。

君の継次処理の行動レパートリーを広げていけばいいんだからね。

花子ちゃんのように、継次処理で問題をこなしていきながら、すごろくやフラッシュカードで、同時処理能力を刺激していきましょう。

とは言っても、週に45分しかないから、急にというわけにはいかないけれど、2学期までには、たし算クリアさせるからね。

ネットワーク、いつつながるでしょうか?

この取り組みについても、このブログの中で、ライブでお届けしようと考えています。

FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。
コメント
こんにちは。
私もとても興味あります。
うちもブロックを6つ置いたら、それをはじめから1,2・・と
読んでしまうタイプです。
それは頭の中にイメージで残しておくことが苦手だからなのですね。
同時処理も毎日宿題の中でやっていますが、ホントなかなか身につきません。
この取り組みの実況中継、楽しみにしています!
【2008/07/08 15:12】 | まみむ #- | [edit]
これね、見え方違うんですよ。

かくいう私も、エレベーターで  →||←  と  |← →|  みたいな記号のボタンがとっさに区別できませんから。急に閉まりかけたら、どっちのボタン押していいのか、わからない。

最近になって、開く方が緑色のものが多いと気がつき、色で判断してる

相変わらず、神経衰弱、からっきしダメだし

「開」 「閉」 なら簡単に区別できるのに・・ (言語系、得意です)

こういう場合は、得意な方を中心とした、「二系統同時刺激」に限ります。

さて、ライブでどのように展開していくのでしょうか?
【2008/07/08 17:55】 | SHINOBU #- | [edit]
息子の場合は 視覚優位でした。質量の数と順番数だけでなく、数は 数える「もの」がかわっても 変わらない。ということも いろいろな具体物を使って教えました。=家ではいろんな物をつかえます~プチトマトも使えるし、おもちゃもあるし・・・当時使った物は 引っ越しの時に小学校に全部 寄付してきました♪
参考書として 水道方式の 遠山啓先生の「わかる算数の教え方」の本を1~6年生までそろえて、学校の先生と どのような方法がわかりやすいか、話し合いながらすすめた思い出があります。
いまどんな風に教えたら、息子に理解しやすいか~の論点からずれないように、いろんな資料も参考にしました。

教具教材も 家庭で簡単に作れるものを手作りしていました。=夜中に必死に作っていました。
物事を教えるのには プログラムも教具教材の事前準備もかかせませんね。
【2008/07/08 22:24】 | マドンナ #CFnWuolQ | [edit]
すっごい興味津々です。

うちは、小1の娘が「言語系」、
年中児の息子が「視覚優位」です。

理解の仕方も、得意なことも、処理スピードも、
全然違いますよね~!!


お話ししたり、何かに取り組んでいると、

「視覚優位・息子」は、すんごいスピード感があり、
「言語系・娘」は、深みがあり噛むほど味が出る、って感じです。

ライブ、楽しみにしてます!
【2008/07/09 06:13】 | ミカ #- | [edit]
マドンナさんは、親の形、示してくださいますよね。

すべての人にマドンナさんの真似はできないにしても、あのマドンナさんがこれだけの努力をしているということのインパクトは、図り知れません。

肝心なことは、マドンナさんと比べてどうこうということではなくて、我が子に対して、親としてどう向き合うかということ。

まこちゃんの今も将来も、母の愛情とまごころがベースとなっていることに間違いはありません。

ここを土台にしてこそ、自立に向けての歩みが確かなものになっていくのではないでしょうか?
【2008/07/09 13:22】 | SHINOBU #- | [edit]
ミカさん、見ましたよ。

 ~「言葉」と「こころ」を育む子育て、目指してます。~

というミカさんのコピー。なんてすてきな言葉の響きでしょうか。

「すんごいスピード感」「深みがあり噛むほど味が出る」という言葉にも、ああったかい、それでいて確かなまなざしを感じます。

細かい言葉の一つ一つに、ミカさんの精神性の高さが伺えます。

こちらこそ、ミカさんの歩みに注目させていただいています。これからもよろしくお願いします。
【2008/07/09 13:31】 | SHINOBU #- | [edit]
はじめまして。
私も発達に課題がある子供さんにかかわっています。
指導に悩み、苦しみ・・・そしてここにたどり着きました。

これからも勉強させてくださいね。
お願いします。
【2008/07/09 18:29】 | miki #aIcUnOeo | [edit]
このごろ、子どもの支援や指導に携わっている先生方から、コメントやメールをいただけるようになりました。

大変ありがたいことだし、光栄で、意義深いことだと感じています。

何よりも尊いのは、お母さん方も含め、お子さんに直接かかわっておられる現場臨床の方々の実践そのものです。

こうしたネットの普及によって、リアルな情報が、瞬時に入手出来る時代となりました。

この環境を上手に利用して、お子さんの幸せや成長に、役立てていきたいものです。

こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
【2008/07/10 07:18】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/185-add9e420
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫