リーダーとしてのカリスマ性

 2015-08-17
8月30日には、講演会を控えています。

補助金をいただき、本館が建設されるという奇跡的な出来事は、1にも2にも利用者の皆様のご期待があればこその話、

今回の講演会は、その皆様のご期待を受け、その感謝の気持ちを込めてさせていただくと心に決め、自分がこれまで実践を通して学んできたことを、全力で皆様にお伝えしようと考えています。


お盆休みも朝6時半に起き、そのままパワーポイントに一日中向き合うという日もありました。


自分のすべてをかけて取り組むべき何かがそこにある、

そのことに何よりの幸せを感じると同時に、休みの日の1日を、朝から晩までこういうことに費やすことのできる精神性の充実ぶりに、以前の自分はそうではなかったよなと、時々驚いたりもしています。


この私の後ろ姿に、職員は信頼を寄せ、自らの仕事に誇りと使命感をもって働いてくれているのだと感じています。


私の所に通って来てくれている子は、真摯に自分の命と向き合っている子ばかりです。

自らの心に甘さを残したままで、どうして子どもに 「くじけるな」 「胸を張れ」 「笑顔で前に進め」 と、行く先を力強く指し示すことができるでしょう。

重い課題をはねのけて、まっすぐ前を向けと、言うことができるでしょう。


私の後ろには、多くの子どもたちとそのご家族、そして職員の存在がある、

真のリーダーにはその責任と重圧を払いのけるだけの、指導性と信念、そしてカリスマ性必が要、

逃げ出したいなんて、とてもじゃないけど口にすることは出来ない。


実践者として、1レッスンでも多く豊かなレッスンを積み重ねていきたい、

それが私の、残された人生のすべてであり、その気持ちにはもう微塵の迷いもありません。


子どもたちとの出会いが、それまでぼんやりしていた私を、ここまで押し上げてくれた、

そのことに、これからも、わずかであっても応え続けられる自分でありたいと、心から願っているのです。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1844-c77506b7
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ