豊かに広がる内面の世界

 2015-08-03
まだ本館が完成する前、車いすを利用しているお子さんを、2階の教室まで抱き抱えて連れて来ていただいてた時期がありました。

どう考えても、それはあるべき姿ではない、

夢であった本館建設が、予想をはるかに超えた早い時期に実現したのも、こうした一人一人のお子さんに寄り添う白ゆりの姿勢が、行政からも高く評価されたことが大きかったと考えています。


この子が、新しい建物で、両手を広げて笑顔でいっぱいになったことが、どれだけ私の気持ちを昂揚させたか、はかりしれないものがあります。


私は、日々お母さん方がどのような願いを私に託してくださっているのかを、痛いほど感じています。

これまで実践を通して培ってきたお子様のの育てにかかわるすべてを集約して、わずかであっても、その願いに応えていきたいと心から思っています。

その母の願いは、いつもそのままお子様の願いでもありますから、レッスン自体はどても充実感があります。


言葉の一つ一つを精査していく営みを通して、非言語の人の真実を感じ取らせたい、

月に1回ではありますが、3年・5年と時間をかけ、題材を吟味しながら、そこに迫っていくという壮大なプロジェクトにチャレンジさせていただく機会を託してくださっている、

こうした何とも恵まれた環境の中で、私は、この子との学びを、文字通り楽しませてもらっているのです。



↓ 先日、そのお母さんから、以下のような内容のメールをいたさきました。



SHINOBU先生


先日は、ありがとうございました。

「SHINOBU先生の勉強が、いちばん楽しい。」と、大満足の様子でした。


SHINOBU先生は、とっても明るい。いつもいつも明るい。楽しそう。

いつも笑っている。だから一緒に勉強すると楽しい。というようなことを言っていました。


モニターで先生と娘が並んで勉強する姿は、こんなことを言うと失礼かもしれませんが、先生と生徒ではなくて、仲の良い仲間が面白い本を見つけて、おしゃべりしながら読みあっているみたいです。

ふたりとも本当に楽しそう。うらやましくてしょうがないです。SHINOBU先生が学ぶことを楽しんでおられるから、娘も楽しいと感じるのでしょうね。

ずっと部屋の隅っこで様子を見させていただいてきましたが、別室にいさせていただくようになり、それも良かったなと思います。

私がいないことで、益々先生との学びの時間に没頭できているように思います。


豊かな時間をありがとうございます。

SHINOBU先生との学びの中で、自信をつけ、豊かに広がる内面の世界を表現できる日がそこまで来ているように感じています。今後ともご指導よろしくお願いします。






私にはもはや、これに代わるものは何もいらない、

だからこそ、一つ一つの学びを豊かに積み上げて行くことと、自分の力量をもっともっとた高めていくことから、決して軸足を動かすことはできないのです。




この記事は、「特別支援教育人気記事ランキング1位」に選ばれました。 (2015-08-04)




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1835-6b796415
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ