実践力のある先生

 2015-05-29
私は自分のことを、子どもを教え導く教育者であると思っています。

そこには、行く先をゆるぎなく示すパワー、いわゆる指導者としての目力やカリスマ性などが一定レベルで必要となってきます。


野球の監督が、「ここはバントかヒッティングか、どっちがいいと思う?」 などと、選手に聞いているようではダメです。

例え成功率が100%でなくとも、「ここは勝負だ、思いっきりバットを振ってこい」 と選手の肩を力強く叩いてやるのがリーダーというものです。

教育に、こうした方向感は不可欠です。


一方で私は、子どもと言えども、心の芯では、一人の人格者として大切に扱います。

そしていつの日か、私のもとを巣立ち、一人の成長した人間として握手を交わす日が来ることを、何よりも楽しみにしています。

主体者としての子どもを育む、支援者としてのスタンスがここにあるのです。


「愛と青春の旅立ち」 で、あの厳しい鬼教官のもとから巣立ち、見事士官となって新たな一歩を踏み出すあの1シーンが、何度も何度も胸をよぎります。

甘やかしたり、要求度を全く下げてしまうのは、特性を理解することでもなければ、豊かな教育愛でも何でもありません。

頭ごなしに叱りつけたり、パワハラみたいな教育も、とんでもない筋違いだと思っています。


誰よりも子どもの可能性を信じ、子どもの今をしっかり見つめ、多彩で腰の据わった技術と指導経験を有し、厳しくもいつも子どもの輪の中で笑顔が輝くステキな先生、

そんな先生に教えてもらう子どもたちを、私はこれまでたくさん見てきました。


子どもの未来を拓く、こうした多くの先生方を、私は心から敬愛してやまないのです。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1793-2b79635b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ