子どもの自尊心は 学びによって培われる

 2015-05-15
私がまだ幼稚園の頃の思い出です。

すべり台の上から、同じ敷地内の小学校のようすを眺めていると、全校の生徒が集まって音楽集会をしていました。

そのリコーダーの音色が、何とも美しく心に響き、自分も小学生になったら、あんなふうに出来るのだろうかと、強いあこがれを心に抱いたものでした。


私は、勉強があまり得意でない子どもにでも、漢字であったり、計算であったり、可能な限り文化的に価値の高い題材を提示するようにしています。

もちろん、子ども一人で出来にくかった時の手だてを事前に十分に吟味し、提示した以上は、子どもが一定の手ごたえを感じるレベルまでの支援を構成するように心がけています。


新しい教材に初めてふれたときの、あの子どもの輝くような瞳を見ることは、私の生きがいです。

むずかしい勉強ができるようになったと感じたときの子どもの表情からは、まちがいなく自分に対するプラスの気持ちがにじみ出ているのです。

行動改善も、アイデンティティの確立も、根元はすべてここにあると思っています。


どんな子も、学びたいし、向上したいのです。

その内発性を信じる者こそが、教育者としての使命を果たすに値すると、私は思っています。


こんな子に勉強させても無駄??

そんな気持ちをわずかでも抱く者がいたとしたら、今すぐその子の前から立ち去るべきだと、私は信じて疑わないのです。




この記事は、「特別支援教育人気記事ランキング1位」に選ばれました。 (2015-05-11)




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1786-899fef2c
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

岡山教室

bnr_personal-okayama.jpg

Author:SHINOBU
白ゆり発達支援センター

okayama-shirayuri_175-60_hato_convert_20110331050720.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ