その子が今すべきこと

 2015-04-30
小学校まで地域の小学校の支援級に通い、中学から支援学校で学ぶ子どもに、これまでたくさんかかわってきました。

支援学校のもつ高い専門性にふれ、新たな魅力や可能性を見つけるよい機会になったという保護者の方のご感想もを、何度もいただきました。


小学校では、地域のみんなの輪の中で育て、中学からは、よりその子の可能性をしっかりとみつめる支援学校で学ぶ道を選択されること、

改めて、就学とは単なる選択ではなく、子どもに寄り添いながら作り上げていくものだと感じました。


どの子も、一人の人間として見れば、誰もかわりはないのです。

そこに基盤がああればこそ、深い特性理解に基いた質の高い個別の教育の場が、より大切になってくるのです。


このブログで、もう1000本以上の記事を書いてきましたが、私が世に伝えたいことはそのことだけです。

子どもの時しか、学ぶ機会はないのです。

この子たちの学ぶ時間は、1秒たりともおろそかにしてはなりません。

私が、こうまで保護者から絶大な信頼を受けるのは、子どもの可能性信じ、学ぶことの大切さを、何よりも尊重しているからに違いありません。


今、あなたは因数分解ができますか?

もし出来ないとすれば、中学校や高校なんか行かなければ良かったと思いますか?

学生時代に学んだことの何割が、今の仕事に直接役立っていますか?

でも、だからといって、高校に行かなければ良かったとか、勉強なんかしないで働いていれば良かったということにはならないでしょう?


豊かな教育を受けた子どもは、必ず自己実現に向かい、世の中から必要とされる存在に育つのです。

アイデンティティも、自己肯定感も、学びを通して確立されていくのです。


その子が今すべきことは何か、

これからもそのことをしっかりと見つめながら、ご家族と共に、しっかりと歩んでいきたいと願っているのです。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1779-9edf6969
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ