タブレットと教育ソフトの活用

 2015-04-29
Windows8.1 になってから、教育ソフトがタブレット画面でも使えるようになってきました。

これまでマウス操作が出来にくかった子どもたちも、タブレット画面なら、自由に教育ソフトを使って学習を進めることが出来るようになりました。


今の白ゆりの個別指導では、時間によっては、一人の子どもに対して、私ともう一人の職員の2人で対応することも可能となってきました。

そういうこともあって、、今回新たにもう2台、タブレット対応のパソコンを購入し、教育ソフトも10本以上追加しました。


これだけの機材とソフトを購入するとなると、結構な金額になります。

教育ソフトの中には、お子様によって当たりもあればはずれもあるので、個人や家庭で購入するとなると、経済的な負担もリスクもバカになりません。

ならば、私たちのような立場の事業所が、ご家庭に成り代わって、個別指導の場で教育ソフトを上手に整備・活用させていただくべきではないかと考えています。


教育に、リアルがよいかバーチャルがよいかというのは、不毛の議論です。

リアルにはリアルの良さがあり、バーチャルにはバーチャルの良さがあるのです。

その両方を充実させ、子どもの学習をさらに豊かに構成していくことが大切なのだと考えています。


4月から定員を増やした関係で、月間利用者数が500を超える日も、もう目前となってきました。

おそらくはこれで、幼児から中学生くらいまで、教育ソフトの充実度も、どこにも負けない最高ランクになったと自負しています。


利用者が多くなると、それまで通りには出来にくい面もあり、ご不便をおかけすることもあるかも知れませんが、環境面については数年前に比べると、格段の改善がなされました。


もう、そのことを知っている人も少なくなりましたが、私の個別指導はちゃぶ台1つから始まりました。

その時の魂は、今でも何も変わっていません。


ご家族に負担していただいた費用は、すべて子どもたちのために生かす。

だからこそ、私たちが今、果たすべき役割があるのです。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1778-1d9d5f9e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ