こみ上げる思い

 2015-04-27
私のレッスンは、お子さんはご家族と分離して受けていただくのが原則です。

ですが1度だけ、制御不能となって、分離していたご両親に、電話で教室に戻ってきていただいたことがあります。


今からもう何年前のことになるのでしょう、

その日の事を、今でも忘れる事ができません。

そんな出来事がありながら、ご両親は毎月大阪から岡山に連れてくださり、新大阪に教室が出来てからも、ずっと欠かさず教室に来てくださっています。


その子も、今年中学1年生になりました。

昨日、大阪でその子のレッスンをさせていただきました。


あたたかい表情、

これまで私がしていた支援も、自分で出来るようになっていることについては、うまく私に伝え、自分一人できるようになってきている、

通い合う相互の信頼感とゆったりと流れる時間、


当時のことを振り返りながら、心の中に熱い思いがこみ上げてくるのを、抑えることは出来ませんでした。


「新しいスタートはいかがでしたか」 とお母さんにお伝えすると、満面の笑みで順調に進んでいることをお伝えくださいました。

私が、この子から得たものには、はかり知れないものがあります。


他者と通い合うことで、人は自己実現に向かって進み始める、

この子が教えてくれた大切なことは、ずっと私の心の中に流れ続けていくに違い有りません、


講演会の後に、すぐその足で私の所にご相談に来てくださったご両親、

君と出会えて、本当によかった、

ていねいにおじぎをしながらも、すっかりとたくましくなった君の後ろ姿には、春の光がまぶしく差し込んでいたのでありました。





この記事は、「特別支援教育人気記事ランキング1位」に選ばれました。 (2015-04-28)



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1775-260ba4dc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ