無心になって追い求めるもの

 2015-04-24
新年度になり、職員が増えた関係で、私がレッスンに集中できる時間が格段に増えました。

教材そのものは今でも私がすべて用意しますが、次の子の準備については、事前にスタッフがすべて整えてくれていて、そこにスポッと座ればすぐにレッスンが始められるようになりました。

しかも個別の学習室が複数ありますから、それぞれの子に合った環境を事前に構成することができます。


ずっと前に、こうだったらいいなあと思っていたことが、現実になりました。

まさに、理想としていた環境が、現実のものとなってきたのです。


1日に対応できる子の数も増えました。

電話対応も任せられるようになったので、レッスンそのものに集中することができます。


私に特別な才能なんて、元から何もありません、

他の人になくて私にあるのは、臨床実践の数が桁外れに多いということだけです。

それだけが、私の誇り。


そんなことやっていたら、いつか体を壊しますよ、

そう言われ続けて、もう何年になるでしょう。


先生、何だか若くなりましたね、

数年ぶりにあった友人にそう言われました。

さすがにそれは、ただの社交辞令に違いありませんが、この歳になって、ただひたすら夢中になって追い求め続けられるものがあること自体が、私には何よりうれしいのです。


亡くなった愛川欽也さんも、最後の最後まで仕事への情熱を持ち続けておられたと聞きました。

私も、かくの如く生きてみたい、

自分が誰かのために働ける喜びを、一人でも多くの子どもに感じとってもらえるために、


私は今、とても幸せです。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1774-952391cf
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ