ずっと長く寄り添うこと

 2015-03-31
本当に何かを理解する、何かができるようになる瞬間には、脳内で一体どんなことが起こっているのでしょう、

茂木健一郎さんは、AHAという言葉で脳内の神経細胞が一瞬でネットワーク化される瞬間を表現されていますが、私はこのブログの中で、「子どどが化ける」 という言葉を何度か使ったような気がしています。


4月から中3になる花子ちゃんは、このところ学習の伸びを著しく感じることができています。

小学校1年生の時からレッスンを始めて、もう7年以上も支援を続けていますが、過去には、ここまでの伸びを感じたことはありませんでした。


まさに今、この子の脳内ネットワークが、きっと豊かに構成されてきたのでしょう。

ずっとずっと土を耕し、種をまき、肥料を施し水を与え続けた営みが、こんなにもすてきな花を咲かせ、実をつけようとしています。


これぞ支援者冥利に尽きるというものです。

この日、この時に、花子ちゃんの成長と共に歩めることを、本当に幸せに感じます。


私には、年間1,000時間の学校教育に代わる力などみじんもありません。

でも私は、こんなふうに7年以上も、同じ子どもとずっと歩んでいくことができるのです。

学習レディネスが整ってきた千載一遇の場面に、支援者としてこの子の前に立っていられるのです。


そのことの大切さを、これからも私は、実践を通して広く世に発信しかなければいけない、

今、その使命感を全身に感じているのです。



この記事は、「特別支援教育人気記事ランキング1位」に選ばれました。 (2015-04-02)



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1758-929969fe
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

岡山教室

bnr_personal-okayama.jpg

Author:SHINOBU
白ゆり発達支援センター

okayama-shirayuri_175-60_hato_convert_20110331050720.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ