次々に来る合格通知

 2015-02-26
今日、全部のレッスンが終わったあとて、私の携帯電話がなり始めました。

誰だろうと思って出てみると、広島の中3の男の子でした。


「先生に伝えたいことがあって‥」

少しどきどきしましたが、やっぱりそれは、高校合格の知らせでした。


この子が受験の前日、そして当日に、どれだけの困難に打ち勝って臨んでいったかを、私は知っています。

それを乗り越えての合格通知だけに、なおさら価値が光るというものです。


岡山の中3の男の子は、私立に続き、見事第1志望の県立の合格通知を携えて、またまた私の教室にやってきてくれました。

何と幸せなことでしょう。


合格通知もさることながら、共に学童期の困難を乗り越え、学業に打ち込んできた日々の何と尊きも美しい日々であったことでしょう。

君たちの努力は、まちがいなく後に続く子どもたちの、道しるべとなっていくことでしょう。


こういうことがあるから、私は自分のあゆみをとめることなく、前に前にと進んでいくことができる。

多くの困難を、ご家族と共に乗り越えていった君たちのことを思うとき、私はこみあげてくる熱い思いを、どうしてもこらえることができないのです。







にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1740-5d15582a
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ