合格通知

 2015-02-11
DSC00438.jpg






昨日のことです、

中3になる男の子が、大事そうに茶封筒をかかえて教室に入ってきました。


「これ、高校の合格通知〜」

その瞬間、私も、指導員も一瞬時間がとまったように感じられ、程なくそれは歓喜の渦と変わっていきました。


レッスンが終わり、お迎えに来られたお母さん、

「直接、子どもからお伝えした方がいいと思って・・」

そう言って1秒も経たないうちに、お母さんの目から大粒の涙がこぼれ落ちてしまいました。


私は、初めてお母さんがここに来られた日の事を、今でもはっきりと覚えています。

それから数年間、このお母さんが、どれだけ心を砕き、どれだけの壁を乗り越えて来られたかを、そばに寄り添いながら見つめてきました。


私たちはただ、そばに寄り添って一緒に歩んできただけ、

今日のこの日の歓喜は、まちがいなくこの子とご家族の手で作りあげられたもの、


いつの日も、主役は子どもとそのご家族、

それを支える支援が何であるかを教えてくださったのも、このご家族でありました。


この子が切り拓いた道は、やがて多くの子どもたちの道しるべとなります、

乗り越えた困難の数だけ、きっと大切な何かが培われてきたに違いありません。


希望の春は、もう目の前までやってきました。





いつもお世話になります
先ほど息子本人からご報告させていただいたように、先ずは私立高校を合格することができました
それもふたつのコースで合格をもらうことができました
支援学級というだけで厳しい挑戦の上に併願であること、知的学級から情緒学級への転籍、平仮名ばかりの答案用紙と厳しい条件でしたが、本人の頑張りとたくさんの方の支えがあっての合格することができました
中学一年生でケアリングレッスンを受け心の安定とともに将来の夢を見ることができるようになりました
中学二年生からは、学習支援で数学を丁寧に指導していただきました
一生自分にはできないと思っていた割り算の筆算が学習支援を通してできたことがきっかけとなり ここまで数学を頑張ることができました
また、割り算の筆算は理科や社会でも頻繁に使うことがあり、息子にとっては大きな成長のきっかけの一つでした
最後には無理を言って、見通しのついた数学にかわり英語まで指導していただきました
この3年間の一つ一つのご支援、ご指導が今日に繋がっていると感謝の気持ちでいっぱいです

まだ、夢のようです
しかし、これで終わりでなく息子の挑戦は続きます
明後日からは、特別入試、3月には一般入試に挑戦してきます
これも厳しい挑戦になりますが、頑張ってきます
最後まで諦めずかんばりますので、あと少し応援をお願いします

白ゆり発達支援センターに息子、私はもちろん、家族、祖父母、心から感謝しています







この記事は、「特別支援教育人気記事ランキング1位」に選ばれました。 (2015-02-12)




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1730-73007660
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

岡山教室

bnr_personal-okayama.jpg

Author:SHINOBU
白ゆり発達支援センター

okayama-shirayuri_175-60_hato_convert_20110331050720.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ