子どもがいればこそ 出来ること

 2015-02-03
DSC00433.jpg

DSC00434.jpg





新年度から、新しい建物、新しい職員、新しい体制で、よいスタートが切れるように、今その準備を進めています。

活動のベースとなる発達支援計画も、今回1から作り直し、ようやくその形が整ってきました。


2月を迎え、主任さんが 「そろそろ新年度の個別の支援計画を立てたい」 と伝えてくれました。

ここがタイミングと感じた私は、それまで検討に検討を重ねていた内容に区切りをつけ、そのまますぐに印刷に取り掛かり、夕方には冊子をこしらえて、主任さんに渡すことができました。

自分で言うのもなんですが、そうと決めた私が見せるすさまじい集中力は、いったいどこからやってくるのでしょうか?


もちろん、冊子を印刷する間には、個別レッスンがいくつもあったわけです。

今は、私のレッスンをサポートしてくれるスタッフがいますから、自分がしなければならないことは自分がして、スタッフに任せられることは、可能な限りスタッフに任せるようにしています。


こういうことは、時間のある人には、きっと出来ないことです。

ブログの記事もそうですが、だらだらやったら1週間かかる仕事も、その気さえあれば1日でできる、

むしろ忙しいからこそ、子どもがいるからこそ、余計にやる気もパワーも、みなぎってくるのです。



今週になって、建築の足場や建物をおおっていたシートがはずれ、外観がその形を示しました。

近くで見ると、吹き抜けとなっている天井部分のガラスが、日差しをいっぱいに浴びて、時折とてもまぶしく見えます。


節分を迎え、やがて季節は早春を迎えます。

子どもたちの願いをのせて出発するこの旅路に、いったいどんなすてきなドラマが生まれてくるのでしょう、


すべては、たくさんの子どもたちが来てくれることから始まったこと、

これからその切なる願いとご期待に、応えていける日々を積み重ねていきたい、


私たちの向かう先は、きっとそこにある、

そう思えるからこそ、きっと私は前に進んでいけるのです。





この記事は、「特別支援教育人気記事ランキング1位」に選ばれました。 (2015-02-04)




 

にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1726-acad2725
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ