涙のしずくが映し出すもの

 2015-01-28
いつだったか、倉敷市の親の会で講演会をさせていただいたことがあります。

倉敷の親の会は、長年にわたり活発な活動をされていて、私の講演会にもたくさんの方が参加してくださいました。


そのことがご縁で、何人かの子どもが私のレッスンを受けてくれるようになりました。

今、中学生になるこの子も、小学生の頃からずっと通ってくれています。


本館工事が急ピッチで進み始め、あんなにも立派な建物が建つのかと、色々な方からお声をかけていただくようになってきました。


「この子たちが、ステージのど真ん中にいて主役となる場所を、私は何としても作りたいと思っていました」

何気なく私がお母さんにそうお伝えすると、みるみるお母さんの表情に変化し、程なく大粒の涙をはらはらと落とされました。


いったいどのような思いが、お母さんの脳裏をよぎっていったことでしょう、

言葉には変わらなくても、その涙のしずくが、何か大切なものを映し出しているのです。


君たちが、社会のど真ん中で、自分らしく、幸せを感じながら、生き生きと安心して暮らせる世の中にしていくために、

私はこれからも、1っ歩ずつ前に前にと進んでいきたい。


君たちのために作った新築の建物の中から、いつも希望に満ち溢れた笑い声が響くような、そんな場所にしていきたい、

小さな希望の春は、もうそこまで来ているのです。




この記事は、「特別支援教育人気記事ランキング1位」に選ばれました。 (2015-01-29)




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1721-0a43402b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ