あなたの目をしっかりと見ること

 2014-12-28
今日が1年最後のレッスンの日です。

この1年、毎日ほぼベストな体調でレッスンをすることができました。

体調不良を理由に、レッスンに穴を空けたことは一度もありませんでした。

元日の朝にもお酒を飲まず、10時過ぎには教室に入り、仕事を始めたことが、もうずっと前のことだったような気がします。


今年の正月には、まだ新大阪駅前の教室探しをしていました、

本館建設の話も、まだ具体性には欠けていました。

先週の建築打ち合わせでは、プレイルームの床暖房が設置可能となり、指導訓練室の防音にも格段の配慮をしていただけることになりました。

設計士さんも、建設会社のスタッフさんも、子どものたちのためにと、何か特別な思いで取り組んでくださっていることが、ひしひしと伝わってきました。


自分の命を振り絞るように懸命に生きる子どもたちのために、何か自分の専門性を生かしてお役に立ちたい、

子どもたちには、大人の心をゆさぶる、強烈なパワーがあるのです。

それがなければ、私はここまで、自分の仕事に打ち込むことは出来ませんでした。


最後まで、あきらめちゃだめだ、

自分の可能性を信じて、

勉強がんばってる君が、一番かっこいい、


私は胸を張り、瞳をしっかりと見つめて、あなたの心にいつもそう語りかけたい、

もしも、あなたと出会っていなかったなら、私はこんなにも、何かに打ち込める自分ではいられなかった。


君たちのために、わずかであっても役に立てている実感、

寝食を忘れて、志を立てた仕事に打ち込める毎日、


私は、今が一番幸せです。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント
 クリスマス、年末もモノともせずSHINOBU先生の情熱教室は今年も走り込んできたのですね!『私は、今が一番幸せです』そうはっきりと語る 先生は何よりも一番かっこいいです!!

 激動の2014年が過ぎようとしています。確かに大変な一年、大変な時代・・人は良くそのように言います。けれども大変で無かった時代など・・捉え方かもしれませんけれど・・きっとそれほど無かったのではないでしょうか?


 先日 SHINOBU先生に金八先生も好きでしたが、川谷拓三さんの『神崎 貫八先生』も良かったです、主題歌が心に残ってます・・とお伝えしました。こういうフレーズもあったような「・・自分の手を汚すこともなく 借りて来た理屈で何を語るのか・・・・かけがえのないきみの命 感じることはできるよ・・誰かひとりのために戦ったことがあるか・・」

 私の中でSHINOBU先生を思う時 なぜか(SHINOBU先生の方がカッコ良いのですけれど)3年B組 思い出します。この貫八先生の主題歌、私の記憶違いでなければ作詞:小室 等さん・作曲:吉田 拓郎さん でとても驚きと感激を覚えた気がします。

 今年も一年 素敵な『こども・保護者 応援だより』をありがとうございました
【2014/12/28 15:45】 | 赤根 修 #- | [edit]
先週、ある兄弟が私の教室を訪ねてくれました。

その日は、お兄ちゃんのレッスンの日だったのですが、弟さんの方も自分のレッスンだと思い込んでいて、そうではないとわかった瞬間急に泣き始め、お母さんが抱き抱えるようにして教室を後にしていきました。

こういう光景を目にするたびに、私は今の仕事をするために、命をつないいでいただいていると感じるのです。


私は、多くの子どもとそのご家族の願いを背負って生きている、

志半ばにして旅立った、2人の先輩と親友の分まで、私は生きなければなりません。


自分の命が燃え尽きる一瞬まで、この仕事を続けていたい、

そう思える自分に感謝しているのです。


この子たちと出会っていなかったら、平板な人生だったかも知れません、

私は、人とは違う道を自分で選んだのですから、クリスマスもお正月もいりません、

しんどいとも、休みたいとも思いません。

その代り、自分にしかないご褒美をたくさんいただいています。


どんな人にも、その人にしかない大切な輝きがあります。

多様性を尊重することは、自分の命を大切にすることです。


今年1年、応援ありがとうございました。

どうか来る年が、多くの人に幸多かれと願うばかりです。


今、新幹線で岡山に帰っている途中です。

雨も上がり、ぬけるような青空です。


正月は、事務仕事と教材作りで、ある意味いつもより大変です。

できる限りの準備をして、次のスタートに備えたいと思っています。


どうか、よいお年をお迎えください。


【2014/12/29 13:37】 | SHINOBU #- | [edit]
年末は例年近くの寺社に 心の中で「お礼」を述べて手を合わせて来ます。特定の何処か、何かと言うのでは無く・・。神社には中央に「鏡」を祀ってある所があります。これも色々様々な解釈とありがたさがあるのでしょうけれど、先日ある方が・・・

 「鏡は自分を映し出してます。自分と言う形だけでなくその背負っているもの支えてくれているもの その人と共に歩んできたもの等々・・目には見えない姿、力、縁 全てを・・。なので 神仏だけでなく、その全ての自分に対して手を合わせていると私は思っています」

 ・・そう言われてました。SHINOBU先生と共に在る 子ども達やご家族、残念な思いいっぱいで旅立たれたであろう先輩方やご親友のお気持ち、心・・それを感じながら日々力いっぱい取り組んでいる先生が
 
    「自分にしかないご褒美をたくさんいただいてます」

そう一年を締めくくる感謝を述べておられる。・・頭が下がります・・ありがとうございます

 SHINOBU先生ももちろんその中の大切なお一人ですから「多くの人に幸多かれ」はご自身へのエールでもあるとしてください。くれぐれもお身体を大切によい年をお迎えください。
 
           2015年もよろしくお願い致します。v-423
【2014/12/31 19:31】 | 赤根 修 #0MXaS1o. | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1699-d8aa4402
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ