すべては個の学び 個の育ちに寄り添うことから

 2014-12-18
DSC00396.jpg





来春2月完成予定の本館の基礎工事が、だいぶ出来上がってきました。

工事のことも、自分の予想以上に大掛かりなことになっていて、指導訓練室の防音のこと、プレイルームの教室環境のこと、それぞれの教室の窓や扉のこと、便器の高さや位置のことなど、毎週設計士さんや建築会社の方と細かい打ち合わせが続いています。

来年1月9日には、棟上げをすることになりました。


数年前に白ゆり教室を始めた頃は、会議室の隅を使い、2~3人の子と一緒にゆったりと勉強していたものでした。

就学前の子とは、地べたにちゃぶ台を置いて、おもちゃを脇に置きながらレッスンをしたものでした。

「岡山白ゆり発達支援センター」 という看板を初めて建物に掲げた日には、万感の思いが胸にこみ上げてきたものでした。

私は、その時の思いを、片時も忘れることができません。


今、目の前にいるたった一人の子どもの成長と幸せを、しっかりと見つめていくこと、

ただただそのことの積み重ねから、私はここまで来ることができた、

これから先、どのような展開が待ち受けていようと、私はそこから軸足を動かすことは決してできません。


しっかりとした足場があればこそ、その日その時の局面で、果たしていかなければならない役割というものもあります。

子どもの息づかいと体温をしっかりと感じ取りながら、いつの日も、あなただけのSHINOBU先生であり続けていたいと願っているのです。




この記事は、「特別支援教育人気記事ランキング1位」に選ばれました。 (2014-12-20)





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1687-8052c6f6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ