次の私の小さな一歩

 2014-10-29
今日は久々に岡山大学の眞田先生の所へ伺いました。

先日から何回かおじゃまさせていただいたのですが、すれ違いのことが多く、やっとお会いすることができました。

車で行けば20分くらいの距離なのに、実際にはなかなか時間の都合がつかず、一度チャンスを逃すと、次は2~3ヶ月後になってしまうことも、めずらしくありません。

そういう意味で、今日はとってもラッキーな1日になりました。


今、ある子の実践について、学会発表に向けての検討をしていただいています。

どちらかというと研究には消極的だった私に、その意義と使命について、いつも心を配っていただいています。


年度内の本館完成が、目の前に迫ってきました。

発達にかかわる専門機関のリーダーとしてなすべきことは何か、

眞田先生は、私が今後進むべき道について、以前から、ずっと気にかけてくださているわけです。


何とも、ありがたくてありがたくて、そのことをどう表現してよいのか、わかりません。

子どもとそのご家族、そして共に歩むスタッフの思いに、少しでも応えることの出来る自分でありたい。

それを踏みにじることは、決してできない。

その責任は重大です。


組織が大きくなり、立場が変わると、これまでと全く同じようなことが出来にくくなるのかも知れません。

でも、私の中身は何も変わらない、

与えられた機会と、みなさんの期待には、ほんのわずかであっても、結果を残していきたいと思うのです。


次の私の小さな一歩は、何か今とは違う所に、向いているのかも知れません。

その先に、どんな子どもの笑顔が待っているのでしょう、

そういう所を目指して歩む旅路そのものが、私にとっては、幸せ以外の何ものでもないのです。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1657-cd8a3a9d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ