子どもと そして家族と共にあゆむ道のり

 2014-09-29
先週は、新大阪の教室でのレッスンがありました。

今でこそ常設の教室になり、環境も整ってきましたが、以前は荷物を持って、いろいろな会場をお借りしながら大阪でのレッスンを続けてきました。


その頃、年長さんだった女の子も、今は4年生になりました。

就学前のご苦労、

その後の学区の再編にかかわる転校、

集団生活の適応のことや、登下校などでの安全にかかわること、

私のレッスンでさえ、お父さんやお母さんから分離できなかったり、少しむずかしい問題になると、固まって動かなくなる場面もありました。


その子が、ここに来て、めざましい成長を見せてくれるようになりました。

じゃあね、と笑顔でお母さんや弟に手を振り、弾むようにして学習席に一発着席、

読解問題も、計算問題も、漢字学習も、一度も意識を切らすことなく、それはもう生き生きとした表情で、時間いっぱい学習に取り組んでくれました。

こんなに生き生きと学習に取り組む姿を、あの日、あの時、いったい誰が予想することができたでしょうか。


費用も時間もかかる私のレッスンは、普通の気持ちで、何年も続けられるものではありません、

だからこそ私は、どんなに疲れていても、どんなに体調が悪くとも、何としてもレッスンには穴を開けまい、わずかであっても、オリジナルで工夫を加えたレッスンを積み上げて行きたいと、気持ちを奮い立たせることが出来たのです、

同じようなことが、きっとこの子を取り巻く環境の中で、じわりじわりだとは思いますが、きっと連鎖的に起こって来たのだと思います。


すべての根元は、子を思うご家族の強い気持ち、

最終的には、そのことが、動かぬ山をも揺り動かしていく、

私はこれまで、そんな子どもとご家族と、共に歩んできました。


この日も、新しく新大阪の教室で勉強を始めた女の子がいます、

通常級か、支援級か、お母さんは真剣にお悩みのようでした。


一度教えたら、私は一生その子の担任のつもりでいます、

この先、一体どんな学びの道のりを、この子は歩んでいくのでしょうか。


主体者としての子どもとご家族が、少しでも豊かな自己決定を積み重ねていくよう支援していくのが、私の仕事、

もう一度人生をやり直せるのだとしても、私は今と同じ仕事をさせていただきたい、


「shinobu先生、可愛い、また会いたい」

初めて会ったその女のは、家に帰って、お母さんにそう伝えたそうです。


また一つ、大切な絆がつながった、

子どもの瞳が輝く、主体的な学びの場の構成、

今の私の技術は、今まで出会ったすべての子どもと、一つずつ一緒に培ってきたもの、


その小さな一歩こそが、未来につながる大切な一歩であることを、

私は、ご家族の方と一緒に、これからもずっと確かめ続けていくのです。




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1640-e62568ed
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ