SHINOBU先生

 2014-08-26
先日、レッスンを終え、駐車場へ向かっていると、年長クラスの男の子が、お母さんの車の中から、「SHINOBU先生~」 と大きな声を上げて、手を振ってくれました。

50M以上も離れた車の中から、私の姿を見つけ、身を乗り出すように手を振ってくれていたのです。

私は、一体どの車から声が聞こえてくるのかわからず、それを探すのに一苦労といった場面になりました。


私は、保護者からも、職員からも 「SHINOBU先生」 と呼ばれています。

子どもたちから、ご家族から、一つ一つのレッスンを通して、愛着と信頼を積み重ねながら、ここまで来ることができました。

小さい頃は時々女の子と間違えられて嫌で仕方がなかったこの名前が、今ではそれも、なくてはならない大切なものになっています。


校長先生は、校長でなくなったら、もうそれで終わり、

退職したとたんに 「元校長先生」 となってしいますが、「SHINOBU先生」 は いつになっても 「SHINOBU先生」 のままです。


この活動を始めてから数年間、その私が、一体何を積み重ねてきたか、

小さな一つ一つに宿るご家族の願いにこそ、私たちが追い求めてやまない日本のインクルージョンのあるべき形が見えてくるのです。


「すべての子どもに、豊かな集団での学びと、行き届いた個別指導の機会を」

この活動を初めて以来、私の目指すものの軸は、何一つ変わってはいません。



遠くに見える私の姿を見つけ、ちぎれんばかり手を振るその子の目に、私の姿は一体どのように映っていたのでしょう。

SHINOBU先生という名前の響きに、ご家族の皆様は、一体どんな願いを託してきてくださったのでしょう。


何があっても、こうした気持ちを裏切るようなことは、決してできない。

私の名前に込められた多くの方の願いと思いを、たとえ少しずつではあっても、具現化していくあゆみを失ってはならない。


何かに貢献できることで、人の命は、初めて輝く、

それは、大人も子どもも同じことです。


私の名前に命を吹き込んでくれた、たくさんの子どもとそのご家族の思いを受け止めながら、ここまで来た私が次に積み上げていかなければならない大切な一歩を見失うことなく、今日もまた、しっかりと踏みしめて行きたいと願っているのです。







にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1627-a518b45b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ