FC2ブログ
 

特別支援教育支援員を付ける  (その方法と手順)

 2008-06-17
様々な理由で、お子さんに個別のサポートが必要な場合、特別支援教育支援員と呼ばれる人が、学級に配属されることがあります。

文部科学省の調査によると、平成17年度においては、1校平均1.52人(全国で13,616人)の介助員・学習支援員が配置されていましたが、平成19年6月に、政府において250億円(21,000人相当分)の地方財政措置が決定され、約21,000人の方が特別支援教育支援員として配置されました。平成20年度は、30,000人の配置が予定されているということです。

私は、この7月に、ある地方自治体の「特別支援教育支援員研修会」に、指導講師としてお話をさせていただくことになりました。

担当の指導主事さんにお話を伺うと、この特別支援教育支援員の方は、特別支援教育に関心や知識はあっても、大多数は教職経験がない方だとお聞きしています。

そして、この特別支援教育支援員の配置については、各教育員会が、その必要性を説明し、地方自治体から予算配当を受けることによって成立します。

つまり、富める自治体とそうでない自治体、力を入れている自治体とそうでない自治体とでは、かなりの差が出ているということです。同じ埼玉県でも、志木市と新座市では、天と地ほどの差があるとお聞きしました。この差は、一体何なのでしょう?

そのことは学校間の格差にも現れています。

私の地域でも、同じ学校規模でも、数人の配置があるところから、ほとんど0に近いところまで、様々です。

それが、どうやって決められるかというと、私の地域では、各学校の校長から出た要求を、専門家チームの会議で決めている、と、担当の指導主事さんから伺いました。

要は、交渉事なので、要求しない限りは物事は、前へと進みません。

ちょっと前の話になりますが、私がある学校にいたとき、ある支援の必要なお子さんと出会いました。

で、結局どうなったかと言いますと、その子一人に、常勤の講師(教員免許のある先生)が一人ついて(年度途中から新たに一人教員が加配されて)、個別の対応を行いました。

どうやったかと言いますと、まず、校長が教育委員会に何回も足を運ぶ、担当指導主事に学校に来て実態を見てもらう、報告書・要望書を何度も何度も教育員会に上げる(これは私の仕事でした)、ケース会議・ネットワーク会議を開く、民生委員会など地域の会合に出かけて協力を依頼する(私は学校教員の身分で、民生委員会に毎回出席しました。民生委員の人はびっくりしていました)、大学の先生にサポートを受け、教育委員会に口をきいてもらう、などなどありとあらゆる方法を行いました。

正直言うと、私は無理だと思っていましたが、結果は、校長の強い意志と信念の勝利でした。

支援員をつけるための第一歩は、一にも二にも校長です。

校長がその気にならなければ、特別な加配は、絶対に付きません。

校長一人「うん」と言わせる根性がなければ、特別な加配はあきらめなければなりません。逆に言えば、校長が「わかりました。やってみましょう」と言えば、大きく前進したと言えると思います。

しかし、支援員はオールマイティではありません。何のためにということを明確にしておくことが大切です。ただいても、する内容が教育的でなければ意味がありません。

例えば、子どもにちょっと嫌なことがあってマイナスの反応をしたときに、支援員が良かれと思ってヘルプに行くと、それが強化子になって、何でもかんでも過剰に反応し、いつでも支援員の助けを求めにいくようになります。

一度、甘い対応をすると、何度でも求めてくるのが、子どもというものです。

集団の中でがまんさせたり、挑戦させたりするのも、教育の大切な営みです。それでなければ、通常学級にいる意味が、逆に問われることになります。

明確な指導の方法のビジョンと、目的や役割分担がなければ、支援員は逆効果だと指摘する大学の先生もいらっしゃいます。

こうしたことを総合的に判断して、「支援員は絶対に必要」となれば、根性決めて校長と向き合いましょう。

合理性・緊急度・必要感、そして保護者の強い意志があってこそ、道が開けると考えたらよいのではないでしょうか?



FC2ブログランキング


↑どうかランキングも見てやってください。はげみになりますので,ご協力よろしくお願いします。
コメント
こんにちは 
いつもSHINOBUさんのブログには ( ゜ー゜)( 。_。)ウンウン 頷きまくっております・・・
息子が通っている言葉の教室は、4つの町村の人たちが通っておりまして
この春から、うちの息子を含め何人かの子供達が2年保育の幼稚園へ通い始めました。私の地域には公立の幼稚園が1つあり、その幼稚園からはゆくゆくは通わせたい小学校へ上がるお友達がほとんど通うことになるので、事前に教育委員会へお願いして、介助の先生をつけて頂き入園をさせてもらう事ができました。
ただ 隣町から通っているお友達の地域には 公立の幼稚園がなく 私立の幼稚園へ行くことに・・・
入園説明会には 2つの幼稚園へ行きましたが 「自閉症なので加配をつけて欲しい」とお願いしても、入園してもいいですが、加配は無理です。という園側の回答しか得ることができませんでした。(私立ですと 専門医の診断書があれば加配に対しての補助金が出るそうですが、それでも難しいんですね)

毎日 家に帰ってくると泣いている息子さんを見て そのお母さんも心配が募る一方です。お母さんも一生懸命 カードを作ったり 連絡帳には息子さんの苦手な事などを説明したりしているそうです
支援が必要な子供達が 地域によって格差があることに とても歯がゆい気持ちでいっぱいです 
私は 幼稚園の方で加配がつけれないのであれば 私立であっても教育委員会の視察を入れてもらって 教育委員会から幼稚園へ派遣する形をとることが出来ないのかと思います
ゆくゆくは義務教育を受けることになる子供達なので 幼稚園から登園拒否になっては 身も蓋もないように思いますが・・・

素人考えなので間違っていることを言っているとは思いますが 
今後のためにも そういう地域での支援について なにかいい方法があれば教えて下さい 
  
【2008/06/17 14:00】 | そうたママ #qbIq4rIg | [edit]
ごめんなさい。私立の幼稚園については、私の住んでいる岡山市では、わずかしかなく、実情やシステムについては十分把握していません。
地域の親の会や育成会などで、アドバイザー的な方に相談されてはいかがでしょうか?
私立の経営は、公立以上にイメージが大切なので、必要性や合理的な理由があれば、ある程度の対応は可能ではないでしょうか?
また、何かの情報があれば、お伝えしたいと思います。
【2008/06/17 17:51】 | SHINOBU #- | [edit]
特別支援員のこと、なるほど~です。
ありがとうございます!
校長の熱意によるのですね。
言葉は悪いですが「当たりの校長」と「はずれの校長」でずいぶんと支援に差が出てきてしまうのはなんだか不公平な気もしてしまいますね・・。

いくら親の熱意があっても校長というフィルターを一回通さなければならないのはいいのか、悪いのか~。
親は支援員をつけてほしいという要望を頻繁に担任、そして校長に伝え続けて行けばいいのですね。幸い校長と話す機会は結構あるので、私もがんばっていこうと思います。

支援員の支援の仕方でもいろいろと変わってきますよね。
よかれと思って~っていうのは結構あることだと思います。
私としては別に教員免許は持っていても持っていなくても・・・あんまり気にしません。
ただ支援する子供に対して愛情を持っていただければ、と思っています。
教員免許を持っているよりもむしろ、同じ思いを持っている方のほうがいいかもしれません。

熱意をもって~交渉してみます!
ありがとうございました。


【2008/06/19 14:35】 | まみむ #- | [edit]
「はずれの校長」ほど、横からの攻撃(つまりは自分の評判)を気にするものです。

直球を一本投げといて、何かのコネを使って、地域の有力者からのサポートも一本入れましょう。

カーブ一本混ぜると、案外効果がありますよ。

私の経験則です。(科学的な裏付けはありません)

(笑)
【2008/06/20 11:57】 | SHINOBU #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/162-d74fa5b3
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫