自尊心を高めるコミュニケーション

 2014-08-07
私は、 「白ゆりの発達支援(H26年度)」 のど真ん中に、コミュニケーション能力の育成を掲げています。


平成23年8月29日に、文部科学省コミュニケーション推進会議が、以下のような内容の経過報告を行いました。




コミュニケーション教育推進会議においては、国際化の進展に伴い、多様な価値観を持つ人々と協力、協働しながら社会に貢献することができる創造性豊かな人材を育成することの重要性を踏まえ、子どもたちのコミュニケーション能力の育成を図るための具体的な方策や普及の在り方について議論を行い、平成23年8月に審議経過報告を取りまとめた。


○ コミュニケーション能力を、「いろいろな価値観や背景をもつ人々による集団において、相互関係を深め、共感しながら、人間関係やチームワークを形成し、正解のない課題や経験したことのない問題について、対話をして情報を共有し、自ら深く考え、相互に考えを伝え、深め合いつつ合意形成・課題解決する能力」と捉え、多文化共生時代の21世紀においては、このコミュニケーション能力を育むことが極めて重要。

○ コミュニケーション能力を学校教育において育むためには、

① 自分とは異なる他者を認識し、理解すること
② 他者認識を通して自己の存在を見つめ、思考すること
③ 集団を形成し、他者との協調、協働が図られる活動を行うこと
④ 対話やディスカッション、身体表現等を活動に取り入れつつ正解のない課題に取り組むこと

などの要素で構成された機会や活動の場を意図的、計画的に設定する必要がある。




私はいつも子どもの学びを中心に置き、そこから軸を移すことを、全く考えたことはありません。

学びを中心に置いてこそ、そこに教師と子どもの真のコミュニケートが生じると考えているからです。


人は、心通うことによって、小さな自分の存在の価値を、初めて確かめることができるのです。

学びの道をしっかりと歩むことによってこそ、自尊心を高めていくことができるのです。


私のあゆみは、きっとこのことに集約されていく、

コミュニケートという大切な視点が、教育の場でさらにと尊重され、多くの子どもたちの瞳が、一層輝いて学びに取り組んでいける日がくることをしっかりと見据えながら、次の1歩をしっかりと踏みしめていきたいと願っているのです。




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1617-c7db0ba6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ