言葉のブラックボックス

 2014-05-29
DSC00239.jpg




みなさんは、ご自身が、ひらがなの読みをどのような過程で習得していったか、覚えておられますか?

自分のお子さんが、どのような形で、ひらがなが書けるようになったか、そのメカニズムを説明することができますか?

そして、まだ字が読めない目の前の子に、どのようなアプローチを実施したらそのことが可能になるか、道筋を示すことができますか?


先日、新大阪の教室で、ある2年生の女の子と一緒に 「たんぽぽのちえ」 の標準化されたプリント問題をしました。

地の文を音読し、問題文を読み、尋ねられたことをイメージ化し、地の文から該当箇所のキーワードをピックアップし、所定の解答欄に正しく記入する。

多少の支援はありながらも、自分の力で、次々と意欲的に問題にチャレンジしていくこの子の姿を見て、目がしらが熱くなっていくのを抑えることができませんでした。


平成21年3月、

私がその子のレッスンを始めさせていただいたのは、その子がまだ3歳にも満たない頃でした。

それから5年以上にもわたり、ほとんど欠席もなく、レッスンには毎回ご両親が同席し、熱心に記録をとってくださいました。

まだ何の実績もない私を信じ、大切なお子様を育ちを託してくださる、

手探りの中から、細い糸を手繰り寄せるようにして、毎回、手づくりのレッスンを積み上げてきました。


私の言語指導は、ひと言でいうとすると、「その子その子の認知特性と言語にかかわる背景を理解・共有し、ノンバーバルなコミュニケーションをベースとしならがら、文字言語・理解言語・聴覚性の言語・内言語・言語表出・書字といったそれぞれのプロセスを、個別に、ていねいにていねいに紡いでやるアプローチであると言えるのかも知れません。


今、初めて文字の世界の扉に手をかけようとしている子が、私の教室に何人もいます、

その子たちも、この女の子と同じように、やがて当該学年のプリントを使って、私と一緒に勉強をする日がやってくるのでしょうか?


この子と積み重ねてきたそれぞれのレッスン、

その箱の中から、私が得たものは、はかりしれないものがあります。


一人の学びに寄り添うことから生まれたアプローチは、やがて多くの子どもたちの目標となり、道しるべとなっていきます、

それを伝え広めていくのが、私の責務

今日の一つのレッスンこそが、きっとどこか大切な道へとつながっているに違いないのですから、







にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1580-6593ab51
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ