教育の量的な評価

 2014-05-12
この土・日は、新大阪でのレッスンでした。

ここに教室を開いたことで、何人もの子と新たな出会いをさせていただくことができました。


毎週行っていた岡山のレッスンを隔週にお願いし、わずか月4日のレッスンのために常設の教室を大阪に開き、往復の新幹線代を使い、教材準備にたくさんの時間をかけてまで、私が大阪でのレッスンにこだわったのには、大きな理由がありました。


やっぱり先生のレッスンは、他の療育とは違いますね、

初めてなのに、子ども集中度が格段に高い


昨日、あるお母さんが私に伝えてくださった言葉です。

決してすべてがすべて、こんなふうな手応えであったわけではありません、


わずか40分のレッスンで7,000円の費用をご負担いただく、

そのプレッシャーの中で、技術に磨きをかけていく、


こんな内容で7,000円?

そうお感じになったら、2度と次のご予約はいただくことができない、

そんな臨床の最前線に自らを置くことで、さらなる支援の方向性を模索していきたい、

私はそう願って、この場所に立つことをきめたのです。


また来ます〜という言葉と、実際に何月何日何時〜のレッスンを申し込みます、という言葉の間に、かなりの距離があることを私は知っています。

それをして、足を運んでくれた子どもたちに、いい加減な気持ちで臨むことは、私には決してできない。

いただいた費用は、すべて子どもたちのために使わせていただくことで、さらに豊かな教育環境を整えていくことができます。


ここにきて、毎日9人のレッスンを、8月までほぼ完売に近いご予約をいただけるようになりました。

新大阪の教室がガラガラでは、岡山の皆様に申し訳が立ちません。


教育はクオリティこそが、評価の基準。

実際のレッスンを終え、次の日にたくさんのご予約がいただける。

そうでなければ、ここに教室を開く意味はない。


単身で乗り込む覚悟で開いた教室です、

絶対に後ろに引かないつもりでいました。


でも本当は一人でも何でもありませんでした。

お子様の成長と幸せのために、共にあゆむご家族が、私にはたくさんいます。


命の炎が燃え尽きるその一瞬まで、臨床の最前線で戦い続ける自分でありたい。

私にとっての教室は、何より大切な宝物です。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 

コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1571-feb2ff4b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ