白ゆりの春

 2014-03-29
DSC00172_convert_20140329065501.jpg

DSC00167_convert_20140329065432.jpg






春休みになり、高知から4月から2年生になる男の子が、グループレッスンに来てくれました。

これまでは、マンツーマンレッスンだけのご利用でしたので、適応には少し時間がかかるかなって思っていました。


案の定、初日には少し不安定になり、なかなかお母さんから分離することができにくい状態でした。

今回は、春休みを利用して、3日間続けて来ていただける予定になっていましたから、きっと2日目以降は違った展開になると考えていました。


ありのままの子どものすがたを受け入れること、

大切な仲間として、心の底から、ウエルカムの心で接すること、

行動の根元にある不安感を理解してやること、

そうした私たち気持ちを、非言語のメッセージとして、子どもの心に響かせていくこと、


これまで、数多くの子どもたちが、この白ゆりで心を開き、信じられないくらいの行動改善の実績を残して行きました、

「白ゆりに来ると、子どもの表情が変わる」

私たちは、そのことに何よりの喜びと誇りを感じ、大切なホスタビリティの質を見つめてきました。



本当にここに来て良かったです、

お母さんは、私にそのようにお伝えくださいました。

3日間のレッスンを最後までやりとげ、その子は、その日のうちに高知へ帰って行きました。


学童ケアリングレッスン、

行動改善のために、支援者としてなすべき役割、

私の願ったレッスンのスタイルは、子どもたちの笑顔に支えられながら、大切な歩みを続けているのです。





先日も大変お世話になりましてありがとうございました。

いつものレッスンとは違う環境に、初日は、不安で不安でという様子でしたが、
その夜も二日目の朝も、レッスンに行きたくない、やめるという、言葉が出ることは
一度もなく、三日目の朝は、行ってきますと言って親から離れることができたことに、
今までいろいろな環境変化に弱いわが子がと!嬉しい驚きでした。

そして、白ゆりの魔法は、私のつたない言葉では、うまくお伝えできないのですが、
子どもの心の根っこの部分に、栄養をくださったなと今日も実感しています。

私も、少しの時間、同席させていただいたり、先生方とお話をさせていただく中で、
SHINOBU先生が子供の存在をありのまま受け止めてくださり、可能性を信じてくださっている
その思いが、白ゆり全体に流れているのが実感でき、グループレッスンの機会をいただけた幸せを
嬉しく思っています。
    
これからも、まだまだ課題は、たくさんある事と思いますが、宜しくお願い致します。
ありがとうございました。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1552-dfa021cc
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ