フェードアウトできてこそ 真の支援

 2014-03-04
気が付けばもう3月、

進級進学など、新しい節目を迎える時期になりました、

私の教室にも、今年卒業を迎える6年生の子が何人かいます。


中学校へ進学しても、引き続き白ゆりに来てくれる子が何人もいます、

進学という新しいステージで、次の新しい課題に向かって学び育つ子どもたちを、引き続きサポートさせていただくことをとてもうれしく光栄に思いながらも、何だか身の引き締まるような気持ちです。


一方で、これを機会に、私の所から旅立っていく子も何人かいます、

子どもが新しいステージに向かう直前の時期に、心を通わせ、感情を受け止めてくれる支援者の役割は重要です。


あって当たり前の家族の存在だけではなく、人としての相互の心の通い合いを通して、子どもは自らの足で高いステージへと進んでいく、

そのための環境を教育的に整えていくことこそが、支援者としての使命、

私はいつも、そんなふうに考えています。


子どもが自らの足で前に進み始めたら、それまでの支援者はもういない方がいいのです。

自らの命が、他者から必要とされる大切なものと、心の芯から感じ取ることこそが、自立のための絶対条件、

そのゆるぎない気持ちの中には、私たちの過ごした心の通い合いが、遠ざかりながらも、生涯にわたって脈々と受け継がれていくはずです。


そのことは、永遠に消えない


だからこそ、私は、あなたの旅立ちを笑顔で見送ることが出来るのです。

ここには、卒業証書も何もありません、


風のように立ち去ってこそ、真の支援者

私には、あなたが家族と共に、自立に向かって力強く歩むその道筋が、しっかりと見えているのです。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1540-4cc0e92d
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ