子どもの今があり そこに願いが生まれ 育てのための教材を作る

 2014-02-27
DSC00083_convert_20140227110214.jpg





子どもにとって出来ないこと、苦手なことを出来るようにしてあげたい、

それは、教育の営みのなかで、最も大切にしていかなければならない内容です。

その気持ちを失った者には、教育を語る資格などありません。


一方で、子どもの苦手なことの裏側には、必ずその子の良さが潜んでいるというのが、私ならではの教育観でもあります。

失敗やチャレンジを繰り返しながら、どんどんど成長を重ねていく歩みの先で、その子が最も得意な分野をもってして、アイデンティティを確立し、社会の中の有為な存在として、自己実現をめざす、

もう一つの教育の大切な営みが、そこにあります。

私の個別指導場面でも、小学校高学年頃から、指導の重心を少しづつ、そっちの方向に移していくことが多いように思っています。


私は今、ある5年生の男の子の図形の指導に注目しています。

仮に言語性と動作性という2つの視点で見た場合、明らかに動作性優位のこの子、

もちろん言語やコミュニケーション指導の大切さを忘れているわけではありませんが、この子のもっている優れた才能を、何とか形あるものに紡いでいきたいというのが、メラメラと湧き上がってきた私の教育者としての願いであるのです。


私に与えられているのは、わずか月に何回かの個別指導の時間のみ、

しかし、完全マンツーマンですから、その1回1回は貴重です。


毎日、次から次へと10人近い子どものレッスンを担当している私、

だからこそ、この子のために与えられたこの時間だけは、この子のためだけに、集中した学びの時間を構成していきたい、


もしかしたら、そんなに大したことは出来ないのかも知れません、

でも、希望だけは毎回でっかくもって取り組んでいるのです、

こうした時間の積み重ねは、必ず何かの道を開き、他の多くの子の実践にも生かされていくに違いまりません。



「子どもの実態 → 教師の願い(目標) → 教材の選定・工夫・開発」

教育原理の第1ページに記されている王道を、子どもたちと共に、今日もしっかりと歩んでいきたいと願っているのです。








にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1539-90d448c6
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ