子どもの内発性を支える 学びの支援技術

 2014-02-17
県内外から、たくさんの子どもたちが、私の所に通ってくれています。

就学前からずっと私の教室に通ってくれている子は、もう小学校の中学年になりました。


あまり言葉は巧みでなくとも、心通じ合う大切な間柄というものもあります。

日曜日に、広島から通ってくれている女の子も、その一人です。


私がお母さんのご相談をお伺いしている時、いつも笑顔いっぱいで、お父さんと楽しい時間を過ごしています。

「この子が、学校でお友達から受け入れられて、楽しい時間を過ごすことができるようになったその根元には、きっとこの教室でのSHINOBU先生の時間があったからだと思っています」


そのひと言を聞いたとき、私は目がしらにこみあげる熱いものを、どうしてもこらえることができませんでした。

私が、この教室の中で、どうしても子どもたちに培っていきたいことの中身、

そのことが、まさにこの言葉の中にあったのです。


学びの道を歩むことこそが、子どもの自尊心を育んでいく、

学びを真ん中に置いて、心通う時間を積み重ねていくことが出来てこそ、自分が家族から、地域から、社会から、必要とされている感覚を子どもの心に育てていくことができる、

それが私の仮説であり、信念であり、生きている証でもあるのです。


生まれてきてよかったと、心の芯から思わせたい、

この子がいてよかったと、多くの人から、愛される子どもに育てたい、


学びという宝物を共有することによって、色々な地域の子どもたちと、そしてそのご家族の皆さんと、普通ではないつながりをもたせていただくことができた、

みんな勉強がしたいし、できるようになりたいのです。


そのその大切なともしびに、決して水を差すようなことがあってはならない、

私が支えているのは、ほんのわずかの時間だし、ほんのわずかな内容であるかも知れない、

だからこそ、これからも私は、そのわずかな時間に心血を注ぎ、自分の技術を磨いて行きたい、


それが子どもの笑顔に通じるのなら、

そのことがご家族のお役に立てるのなら、

迷うものなど、何もない。


子どもの内発性を支える、学びの支援技術

レッスンを終え、また広島へと帰られるご家族を見送りながら、

これからもずっとチャレンジし続ける自分でありたいと、強く感じていました。


子どもたちと歩む道は、これからもずっと続き、広がっていくのです。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1533-bb9725fa
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ