子どものコミュニケーション能力を引き出す 支援者の理解度

 2014-01-30
人は1人では生きていけない存在です。

人の生存を司る大脳辺縁系では、食欲や睡眠欲と並んで集団への所属欲求がコントロールされているのです。

支援者とのコミュニケートの内容が豊かになることによって、子どもはその自尊心を増し、望ましい方向へと伸びていくことを、私はこれまで、数多くの子どもの育ちを見つめながら確認してきました。


コミュニケートは、決して一方的なものではなく、相互の関係によって成り立つのです。

特に成長の過程にある子どものコミュニケート能力を育てようとするならば、意図的にかかわる支援者のアプローチが特に大切な意味をもってきます。


先日のレッスンの時のことです。

このごろやっと、「これ~」と表出言語が出始めた、もうすぐ5歳になる女の子がいます。


初めて私の教室に来始めた頃は、なかなかその行動の意味が理解できず、レッスンがかみ合わない時期がありました。

ところが、レッスンを積み重ねていくうちに、この子には内発的な学びの欲求があり、行動の背景には決してネガティブなものがないということが理解できるようになっていました。


紙芝居を読んでほしい、

ひらがなカードで遊びたい、

料理のロールプレイをしたい、


その表情や、まなざしや、仕草から、今では手に取るようにこの子の学びの欲求を受け止めることができます。

当初はきっと相互に一定の緊張感があったと思いますが、今では私、毎週この子が来るのが楽しみでなりません。


「料理がやりたいときには、はじめにちゃんと席に着いて、これ~って言ったらすぐにできるんだよ」

そう教えてやると、次々に活動が広がっていき、あっという間に40分のレッスンが終わってしまいます。



「私が初めて見学させていただいた娘のレッスンは、まるで娘がマジックがかかったのかの様な、素敵なSHOWを観てるかのようでした」

「先生の眼差しは強く優しく、娘の表情を読み取りながらの真剣勝負、いつまでも見ていたい気持ちでした」


先日、私のレッスンを見てくださったお母さんは、そんな感想を寄せてくださいました。


レッスンは、うまく行かなかった時こそが勝負であり、一番伸びるとき、

うまく行かないことを、決して子どもだけのせいにすり替えてはいけない、

コミュニケートは、子どもと支援者との相互の関係や内容があってこそ成り立つもの、

非言語な子ほど、人の真実を感じとる、豊かな感性が育っている、

子どものコミュニケーション能力を引き出すためには、支援者の子ども理解度が大きな影響を与える、


すべては、子どもとの実践が、私に教えてくれたこと、

この子との心のつながりと、コミュニケートの豊かさこそが、支援者としての私の誇りと使命感を、しっかりと高めてくれているのです。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1526-8e8fe5e2
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ