母子のインクルージョンへの旅路

 2013-11-30
「集団の中に居場所があって、それでいて、その子の特性に応じた豊かな個別の学びの場の構成を」

私がこの活動を始めて以来、一貫して伝え続けてきた大切な内容です。


文字で表せば、たった1行で済むことですが、現実の学校生活の中での具体化となると、なかなかその理想の姿を示すことができない、

ならば、それを理論や概念だけでなく、子どもの姿が浮かぶ実践のエピソードで示していこう、

そう決めて書き始めた記事も、回を重ねて1000以上になってきました。



三蔵法師は、天竺を目指して、悟空たちと共に長い旅路を歩み続けました。

そして天竺についた時、それまで歩み続けた道そのものが天竺に続く道であったことに気づき、ここに至る、数々の苦難の戦いを通して、育ち培われた己の姿に改めて気がつくのでありました。


インクルージョンと一口で言ったとしても、その道のりは、決して一本道ではありません。

何も考えずに、ただオートマティックで、決められた道を歩んでいくだけなら、どんなに楽なことでしょう、

しかし、現実には、予期せぬ困難や、思いもかけぬ出来事が,次から次へと起こってくるのです。


時には、道に迷い、子どもを抱きしめて、じっと佇んでいたときもあったでしょう、

真っ暗闇で、言いようもない孤独感に苛まれて、どうしてよいかもわからずに、このまま死んでしまいたいと思った時もあるでしょう、


右へ進んでも、左に曲がったとしても、目指す頂はきっと同じ、

母が悩み、苦しんだその涙の数だけ、それが子どもの幸せにつながって来たことを、私は支援者としてじっと見つめて来ました。


子どもは、本当は、うまく行っているとき、順調な時に育つのではなく、もがき苦しんでいる時に育つものです。

真摯に子どもの幸せを願い、前に進もうとする営みに、誤りなどあろうはずがない、


スピードくじでもあるまいに、今日蒔いた種が、明日花を咲かすことなど、あろうはずがありません、

だからこそ、不安になる・・

一瞬たりともおろそかに出来ない、大切な子どもの成長のあゆみであるがゆえに、そこに迷いが生まれ、不安が生じる、


しかし、そのことを、決して恥じてはいけません、

自分のためなら決してできなかったことでも、子どものためだったら、鬼にでも何にでもなれたはずです、

自分の命を捨てたとき、そこにきっと、1本の光だけが差し込んで来たはずです、


子どもために心を砕いたそのことに、無意味な時間などあろうはずがありません、

信じるか信じないかは、すべてあなたの自由、

天竺への道は、いつだってあなたの心の中にあるのですから、







にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1499-3345d333
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ