「ぼくは、通常学級へ行く」

 2013-10-28
今年6年生になる男の子が、初めて私の教室に来てくれるようになったのは、小学校1年生の時でした。

当時は、行動面の課題が大きく、

「学校から、毎日のように電話がかかり、今度は何が起こるかと不安でたまりません」

お父さんは、何度もそんな内容を、私に伝えておられました。


今では、土曜日も、日曜日も、祝日もレッスンを行っている私ですが、元々は、土曜日や日曜日はちゃんと休む普通の人でした。

仕事の都合で、日曜日にしか、子どもを連れてくることができない、そうおっしゃるお父さんに、

「わかりました、では、日曜日にレッスンをさせていただきます」

そんなふうに決断した時のことを、今でも忘れることができません。


「ここに来るようになって、息子は、明らかに変わってきました」

そうおっしゃりながら、以後6年生のこの日まで、2週間に1度、90分のレッスンを5年以上、ほとんど皆勤賞で、私の所に来てくれました。


支援学級で学ぶ1年生、

当時は、30分の学習を構成するのにも、かなり骨が折れました。

しかし、今では、算数の速さの計算も、国語の「平和のとりでを築く」 の読解問題も、通常学級の子に負けないくらいできるようになりました。

今では、60分の教科学習、プレイセラピー15分、お父さんとのご相談15分という構成にしていますが、その充実ぶりから、毎回、この子が来てくれるのが楽しみでたまらなくなってきました。


前回、中学の進学のことについて、お父さんとご相談をさせていただきました。

私は、自分の考えをお伝えした上で、実際に中学校に行かれたり、それぞれの先生方のご意見やご助言をふまえたりしながら、十分な情報収集のもとにご決断くださるようにお願いしました。


この日、元気よく教室の扉を開けたこの子は、これまでに見せたことのないような力強い口調と、弾むような笑顔で、

「ぼくは、通常学級へ行く」

私に伝えてくれました。


自分に対する不安な気持ちが、いつもこの子の不適応な行動の背景に潜んでいました。

ありのままの自分を知り、ありのままの自分を好きになる、いわゆる肯定的な自己理解の力こそが、きっとこの子を変えていく、

それが、ここでの私の教育方針であり、その部分については、この6年間1度もぶれることはありませんでした。


小学校を卒業したら、白ゆりも卒業、

それは、ずっと前からの約束でした。

交流学級に行くことでさえ、あんなに不安でいっぱいだったこの子が、希望に胸を膨らませながら、「通常学級」 と力強く口にすることが出来る日が、現実にやってきたわけです。


この先も、きっといろいろな出来事が待ち受けていることでしょう、

何とか、間に合った、

私は、お父さんに託された大切なお約束を、何とか一つ叶えることができたように感じました。


この子と歩んだ6年間は、それはきっとどの子にも言えることですが、誰とも比べることのできない特別なものでした。

「卒業しても、就職しても、そして彼女ができても、必ずここに連れてきてください」

私は、ずっとここにいますから~、と言いかけて、私は胸の中に熱いものがこみあげてくるのを押さえることができませんでした。


「ありがとうございました。」

と、きちんと挨拶をし、その子はお父さんと共に、教室を後にしました。


私は、この子と残されたあと半年足らずの期間、その1回1回のレッスンを、いつもと変わらぬように行い、そしてその最後の日のレッスンも、きっといつもと変わらぬように終わるに違いありません、

手厚い支援は、やがてフェードアウトして、必ずいつの日か、子どもの自身の足で歩ませること、

支援者は、知らぬまに、風のように、子どもの前から去るべし、

それが、一期一会と決めた、私のレッスンの美学、


華やかなものも、手柄も、私には何もいらないけれど、あなたと過ごした大切な時間は、何にも替えることはできない、

そして、その魂は、あなたと同じ目の色をした子どもに、しっかりと受け継がれていく・・


私はそのことに、自分がこの世に生を受けた意味を、しっかりと確かめているのです。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1484-127e6d2b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ