真剣に立ち向かった あの日々があればこそ

 2013-09-29
昨日は、広島から、中学生の男の子が来てくれました。

ご家族のご都合で広島に転居されたのにもかかわらず、今でも、月に1回通い続けてくれている子です。

先週、修学旅行から帰ってきたばかり、

お土産を持って、岡山に直行、というような感じで来てくれました。


昨年の夏、

私はこの子と、「夏休み成績アップ大作戦」 に取り組みました。

色々な状況から判断して、要求度を上げるのは、信頼度が増したこのタイミングしかないと考えたのです。


毎週、木曜日の夜に来てくれていたこの子、

私の教室に通ってくれるようになって、3年目になっていました。


要求度を上げ、理解度を下げたのですから、私の真剣度も通常より大きく変化しました。

以前だったら、とっくにネを上げていたような事や、それまでよりも随分きびしい私の言葉にも、がんばって食いついて来てくれました。

いつの間にか、私は、何としてもこの子を引き上げたいという強い思いにかきたてられるようになりました。


夏休み明けの課題テストは、一定の成果を残してくれました。

その後、お父さんの転勤など、思いがけない出来事もいつくかありましたが、この子の表情は、見違えるようにしっかりとしたものになり、支援者と子どもとの、揺るぎない信頼関係が築かれていきました。


お父さんとの転勤が決まった時も、何とか間に合って良かったというのが、正直な気持ちでした。

まさか、広島に転校しても来てくれるなんて、思ってもみないことでした。


教室の扉を開けて、見せてくれる笑顔、

ここに来ることに、特別な意味を感じているのは、きっと、この子も私も同じ事です。


若い頃、「愛と青春の旅立ち」 という映画を見て、感動したことがあります。

真剣に立ち向かった、かけがえのないあの大切な時間、

あの時間があったからこそ、今の揺るぎない、師弟の信頼感が生まれたのです。


ここに来たときのこの子の表情は、すっかりと、たくましく、青年に成長したそれとなっています。

この子のその表情にふれることで、私は、教育者としての誇りを、全身に感じることができるのです。


もう二度と、あんなレッスンは出来ないかも知れません、

あの伝説の日々は、真剣に立ち向かったからこそ、私たちだけの大切な宝ものになって、この先も、ずっとずっと、相互の心の中で生き続けるのです。




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 



コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1467-45f33e0b
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ