その時にこそ、そばにいる存在 (新大阪教室の開設)

 2013-10-01
私が小学校教員時代に、校長先生から、情緒障害児施設の派遣学級の担任にならないかという打診がありました。

それまでは、通常学級の担任しかしたことのなかった私ですし、過去にそうした人事交流がなかったそうなので、慎重に考えて決断すればいいよ、とおっしゃってくださいました。


その夜、家族とも相談し、いろいろと考えてみました。

「何か、そこの子ども達が、自分を呼んでいるような気がする」

私は、家内にそう話し、翌日には校長先生にそのお話を受ける旨をお伝えしました。

派遣学級には、3年間お世話になりましたが、ここでの子ども達との出会いが、私の教育の方向性を決定づける原点となったのでした。


来年の春、

私は新大阪の駅前に、個別指導の教室を開く決断をしました。

これまで、南大阪や京都の出張レッスンのメンバーに入れてほしいというお申し出でを、何件となくお断りしてきました、

毎週、毎週、関西地区から多くの方が、高速や新幹線を使ってお越しくださることも、ずっとずっと申し訳なく思っていました。

岡山のレッスンを半分に削っていくことになり、そのことについては、本当に申し訳なく思っています。

往復の新幹線代や、教室の家賃など、たとえ経営的に採算が採れなくとも、申し込みをいただいたレッスンについては、継続して供給していく責務も伴います。


それをして、なおも私を、新大阪教室の開設へとかきたてるもの、

それは、支援者としての私の専門性必要としている、子ども達とそのご家族の声が、私の胸に響いているからに違いありません。


一番苦しいときにこそ、そばにいて差し上げるのが、支援者のつとめ、

そのことが、自分の力量をさらに高め、多くの子ども達への支援の充実につながっていくことを、一番よく知っているのは、私自身です。


今日から、インターネットを通じて 「新大阪駅前教室」 のお申し込みを開始させていただきます。

私には、もう引き返す道などありません、

岡山と並び、新しい教室での学習を通して、子ども達の成長とご家族の幸せのために、少しでもお役に立てる実践を積み重ねていきたい、

小さいけれど、私にとっては大切な一歩が、今ここに踏み出されたのです。


(→ 新大阪駅前教室のお問い合わせなどは、こちらから)



にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1466-28fddf83
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ