プロの仕事

 2013-08-28
私は、毎朝、真っ白のワイシャツに袖を通すのが楽しみです。

いくつかの店で、いろいろな種類のワイシャツを選んでいた時期もありますが、今では同じタイプのワイシャツを10数枚揃え、それ以外のものを着ることは、ほとんどなくなりました。

無理を言って、クリーニング店の人に、定期的に取りに来ていただくようにしました。


大好きな子どもたちに、最高の時間をプレゼントするのが、私の役割です。

そのために大切な環境は、いつもベストに整えておきたい、

レッスン以外のことに労力を使うのでなく、レッスンの中身に全力投球できる環境をきちんと整えたい、

そうなると、別の種類のワイシャツを買いに行ったり、別な店にクリーニングを頼むようなことは、少なくなってしまいます。

目指す方向にブレがなければ、生活自体は、自然とこうなってしまうのです。


昨日、ある5歳の女の子のレッスンがありました。

これまで、適応にやや時間がかかり、やっと安定して活動に取り組むことができるようになった子です。

苦労して、関係を積み上げてきたということあり、特別な思いがこみあげてきます。


その女の子の幼稚園の先生が、レッスンを見に来てくださることになりました。

この子が、笑顔で、楽しく活動に取り組んでいる様子を、何としても幼稚園の先生方に見ていただきたい、

私の胸は、期待でいっぱいになりました。


連絡をいただいて、来ていただくまでには1ヶ月の期間がありました。

私は、ある意味この日を目指し、体調と気力をベストの状態で迎えたいという気持ちでいました。

これだけ育ったという内容をお伝えするのに、またとない最高の舞台、

プロなら、与えられたワンチャンスで、最高の結果を残したい、

それよりも何よりも、これだけできるということを、幼稚園の先生に知っていただくことで、きっと大切な道の扉が開かれていくに違いない、

そのことこそが、私がこの子にしてやれる最高のプレゼントと信じていました。


お盆休み、この子の体調不良などもあって、この日は、何週間ぶりかのレッスンとなりましたが、そのことで不安になることは全くありませんでした、

すべての場合を想定し、どんな状況になっても、一定の水準までは、必ず対応できるよう、何度もイメージトレーニングを重ねておきました、

少し腰が痛かったものの、メンタル面、体力面のパフォーマンスは、ほぼベストな状態で、この日のレッスンを迎えることができました。


レッスンが、始まりました。

この日は、お母さんも同席されるということで、着席も、少しいつもより手間取った形でスタートしました、

たぶん、それはそうだろうなあと思っていましたので、私のモチベーションが下がることは、全くありませんでした。


ところが、5分経っても、10分経っても、来るべきはずの幼稚園の先生方が、一向にお見えにならない、

結局、先生方がお越しになったのは、予定していたレッスンが終わったその40分後、

さすがにこれは、私の想定外でした。


お母さんの前で、この子は一生懸命頑張ったと思います、

ですが、この機会に、この子の弾むような笑顔と活動を、幼稚園の先生に見てもらいたい、

そうした願いを実現することはできませんでした。


あまり言語が豊かでない子ほど、微妙な心の動きを敏感に感じ取るものです、

冷静に対応しなければと思いながら、2人の先生方にお伝えする声は、どうしても上ずってしまいました、

プロなら、たとえどんな状況でも、与えられた1チャンスで、最高のパフォーマンスを示さなければなりません、

本当に情けない思いで、いっぱいになりました。


4000本のヒットの陰で、8000回のくやしい思いをしたというイチロー選手、

これぞプロの向上心、


私は、ご家族の信託を受け、この子の成長と幸せに寄与できるチャンスを、また来週もいただけるのです。

いつまでも悔いている暇なんて、私にはありません、


何としても、納得のいくより高いパフォーマンスの実現を、

プロは、結果がすべて、

今回のエラーは、いつか倍にして、必ずこの子とご家族にに返すつもりでいるのです。




この記事は、「特別支援教育人気記事ランキング1位」に選ばれました。 (2013-08-29)







にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント
SHINOBU先生、はじめまして。
と申しましても、先生のブログは毎回とても参考になるためにご訪問させていただいております。
我が家には、9月に4歳になるダウン症の娘がおります。
先生のカリキュラムはとても参考になるため、少しでも娘の発達の手助けになるようにと同じダウン症のお兄ちゃん、お姉ちゃんの頑張っていらっしゃる様子を拝見させていただきながら自宅での取り組みを行っているところです。

フルタイムで勤務しているために、日々の時間を子供たちのために充分に確保できているわけではありませんが、”できることを””できるときに””できるだけ”をモット~にわずか10~15分ずつの子供たちとの集中した関わりではありますが日々できるだけ継続しているところです・・・。

今回のブログを拝見させていただき、私もとても残念な気持ちでいっぱいになったものですからついついコメントをさせていただきました。

娘は保育園児なのですが、やはり幼稚園や保育園の先生方との疎通は常に私の中での課題になっているところです。
先生のカリキュラムで成長したお子さんの姿を幼稚園の先生がリアルタイムで見てくださったならば、きっとこの先の幼稚園での生徒さんの過ごし方がもっとより良いものになったのでは・・・?と思うと本当に残念です。

長々と失礼しました。

これからも先生のブログを励みに頑張っていきたいと思っております。
いつもとても良い情報を提供してくださってありがとうございます。
感謝しております・・・。
【2013/08/29 13:06】 | ごまざる #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1453-0c64b853
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ