静岡での奇跡

 2013-07-21
DSC00356_convert_20130721173754.jpg




今日は、東海大学短期大学部のリカレント講座に、講師としてお招きをいただきました。

午前中は、基調講演ということで、保育園での取り組み、個別指導の実践を中心に2時間、お話をさせていただきました。

当初は100名前後とお聞きしておりますが、いざふたを開けてみると、150名を越える参加をいただき、会場も急遽講堂の方に変更してくださいました。


卒業して3年目までの現職の保育士さんや先生方、そして来年度から現場で活躍される学生さん方が対象ということでしたので、今回は、実際の映像を見ていただく場面をたくさん用意させていただきました。

行きの新幹線の中で、ずっと映像の動作確認をしていましたが、さすがに動画は容量が大きすぎて、何度も何度もパソコンがフリーズして困っていました。

会場に着いての事前の動作確認の場面でも、何回もフリーズしてヒヤヒヤしていましたが、さすがに私のパソコンは、本番に強い、

あれだけ度々フリーズしていたパソコンが、本番では一度もトラブルが起こらず、気持ちにゆとりをもって内容をお伝えすることができました。


何年か前から、静岡から岡山まで、何度も何度も私の所に通い続けてくれた男の子がいます。

そのご家族が、この度、わざわざ会場まで駆けつけてくださり、熱心に私の話に耳を傾けてくださいました。

参加してくれた先生方や学生さんは、皆笑顔がすてきで、底抜けに明るく、活気にあふれたすばらしい学風であると、すぐに感じ取ることができました。


昼食後は、施設部会、幼稚園部会、保育園部会、小学校部会のそれぞれに分かれ、現職の先生を囲んでの分科会に参加させていただきました。

個々のケースについて、次々に具体的な事例についての質問をいただき、講演よりもさらに踏み込んだ、内容豊かな意見交換をさせていただくことができました。

静岡に来て良かった、そんな思いを強くもった瞬間でもありました。


講演会が終了した後、岡山までずっと通ってくださっていたご家族の皆さんと、静岡駅でお会いすることが出来ました。

そこには、苦しい時期を乗り越え、大きな成長の手応えをしっかりと感じておられるご両親と、見違えるように豊かに育ったお子さんの笑顔がありました。

あの厳しい状況の中、よくぞ踏ん張って、お子様をここまで育て上げたものと、正直、驚かざるを得ませんでした。


こぼれんばかりのご両親の笑顔と、何とも言えずやわらかく落ち着いたその子のまなざし、

そこには厳しい状況を乗り越えた者にしかない、真実の輝きを見ることができました。

次々と起こる静岡での奇跡の本丸は、まさにこんなところにもあったのです。


講演中、演壇からフロアを見ていると、私から1秒も目を離さず、一言も聞き漏らすまいと、真剣に見つめてくれている方がいました。

分科会では、私がもっとも大切にしている内容について、見事に切り取って質問をしてくれました。

何という名前の方でしょうか、そんなことすら知らないのですが、まちがいなくこの方は、子どもの成長を真摯に見つめ、ご家族の願いにそった教育の実践者として、活躍されるに違いありません。

こうした方の心に、何か少しでも大切な内容が届いていくことを、願わずにはいられないのです。


↓ 新幹線の中で、早速、お母さんから以下のような内容のメールをいただきました。


お忙しい中、本当にありがとうございました。
夢のような時間でした。
いつかまた息子と、先生にお会いできる(*^_^*)
不思議な自信があります。
その日まで、またまっしぐらに頑張ります。
家族の想いを伝えてくださり、ありがとうございました。
先生のお考えが、
静岡に根付くよう、私達も地域で動いて行きたいと思います。
もうすぐ乗り換えでしょうか?
のぞみで、少しでもゆっくりしたお時間をお過ごしできますように…
これからも、どうぞよろしくお願いします。





私は、家族の願いの代弁者

私にとっては、教育ほど尊く、誇り高き営みは他にないのです。


支援者としての専門性を生かしながら、子どもとご家族に寄り添うこと

一人でも多く、後に続く、志の深い実践者を育てていくのも、大切な役割、

小さくても大切な奇跡を、これからも一つ一つ積み重ねていきたいと願っているのです。



↓ 今回紹介させていただいた学生さんより、この記事を読んで、以下のようなコメントを送信していただきました。


昨日は素晴らしい講演をお聞かせ頂き、有難うございました。
今日、短大に行きましたら先生のブログを拝見した友人から、もしかして講演中に先生を見つめていたのはあなたなのでは?と声をかけられました。早速ブログを拝見し、嬉しさのあまりこのようなコメントさせて頂いております。
講演では、先生の力と心の込もったメッセージに目頭が熱くなる思いで拝聴しておりました。特別支援教育を志す者として、具体的にどのように子どもに対峙しアプローチしていったらよいのか示して頂き、たくさんの気づきを頂きました。多様な障碍を持った子ども達が大人になった時、生きる喜びを感じられ自己実現できるような世の中になってくれることを望んで止みません。
昨日の今日で、上手く言葉がまとまりませんが先生からご教示頂いた事を改めて見つめ、自己研鑽に励みたいと思います。本当に素晴らしいお話を有難うございました。







にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 


コメント
昨日は素晴らしい講演をお聞かせ頂き、有難うございました。
今日、短大に行きましたら先生のブログを拝見した友人から、もしかして講演中に先生を見つめていたのはあなたなのでは?と声をかけられました。早速ブログを拝見し、嬉しさのあまりこのようなコメントさせて頂いております。
講演では、先生の力と心の込もったメッセージに目頭が熱くなる思いで拝聴しておりました。特別支援教育を志す者として、具体的にどのように子どもに対峙しアプローチしていったらよいのか示して頂き、たくさんの気づきを頂きました。多様な障碍を持った子ども達が大人になった時、生きる喜びを感じられ自己実現できるような世の中になってくれることを望んで止みません。
昨日の今日で、上手く言葉がまとまりませんが先生からご教示頂いた事を改めて見つめ、自己研鑽に励みたいと思います。本当に素晴らしいお話を有難うございました。
【2013/07/22 23:34】 | #- | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1435-c1592588
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ