信託に応えてこそ

 2013-02-28
DSC00156_convert_20130228122836.jpg




昨日、2時から、ある女の子のレッスンがありました。

ちょうどお昼過ぎということもあり、車の中で眠っていたのでしょうか?

ねぼけまなこをこするようにして、知育いすに着席してくれました。


ちょうどこの子は、それまで得意だった形系の認知に加え、図柄系の認知が伸びている時でした。

形系のパズルから、図柄系のパズルを提示したときの、この子のちょっと驚いたような、それでいて興味が引きつけられたような表情、

これまで、何度も提示してきたパズルですが、認知の力が育ってきたこの日、この子にとっては、とても大切な出会いの瞬間を迎えることになったのでした。


それにしても、この子のこの表情、

まさに天使の笑顔、

知育デスク、64CMの先で、ダイレクトに感じるこのライブ感、


少し離れた場所で、お母さんがレッスンのようすをご覧になっていましたが、こうした表情を感じ取れるのは、もしかして私だけかも知れない・・

支援者冥利とはことことです。


お子様の学びや育ちを託していただけることを、当たり前と思ってはいけない。

その信託に応える力量を示してこそ、初めて教育者の名が与えられることを、私はずっと心に留めておきたいと思っているのです。




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ



↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1369-a8a3524e
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ