知育いすデスクの普及

 2013-02-11
o0480064011992292751_convert_20120526102735.jpg

DSC09726_convert_20120705134418.jpg




先週、国会でご活躍くださっている 自民党の逢沢一郎議員 から、お電話をいただきました。

知育いすデスクの普及に関心をもってくださり、製造してくださっている 横山工房さん に足を運んでいただいているということでした。

実際に使用させていただいての声を知りたいといういうことでしたので、これまでブログにアップさせていただいた記事を紹介させていただきました。


行動改善のアプローチを 環境構成の視点で整える

知育いすデスクでの学習

オーガナイズドされた支援



逢沢議員には、年末に私の教室に足を運んでいただき、活動を知っていただく機会がありました。

その時にも、大変関心を示してくださり、「障がいのある子どものために、これからしっかりと勉強させていただく」 とおっしゃってくださいました。


気がつけば、このブログには、累計10,000を越えるブログ拍手をいただきました。

アクセス数500,000を越える日も、近くなってきました。


この一つ一つのクリックに、どんな願いが込められているか?

そのクオリティが普通ではないことを、誰よりも間近で感じて来たのはこの私です。


子どもが自分らしさを発揮しながら、何らかの形で社会に貢献できる実感をもち、

生まれてきて良かったと、地域や家族の輪の中で、あたかかい愛情に包まれながら、社会参加のできる環境づくり、

「SHINOBU先生には、ぜひ、そこまでの形をつくっていただきたい」

お母さん方から、何度も聞いた言葉です。


知育いすデスクの製作には、一定の費用がかかります。

それを必要としている子どもたちに、もっと気軽に利用してもらえる制度はできないものでしょうか?


知育いすデスクの普及は、私の夢の大切な一歩です。

「ご家族の切なる願いの代弁者」

真剣に教育に取り組んできた者だからこそ、果たさなければならない使命がそこにある、

私は、自分が生きてきた意味を、今この活動を通して、はっきりと確かめているのです。




にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ



↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 


↓ 開発者の上地先生からのメールです


SHINOBU先生

昨日は、逢沢先生と知育いすデスクの件で、お話をしていただいたそうであり
がとうございました。

夕方、横山工房から「今、逢沢先生と一緒に知育いすデスクのことを相談して
いる」と電話があり、急ぎ横山工房に出向いて、逢沢先生にごあいさつをさせ
ていただきました。

いろんなところでご縁がひろがり、本当にありがたいことです。

SHINOBU先生のようにすばらしい療育者があちこちにいて、みんなが効果的なレッ
スンをうけられたらよいのですが、現実それは程遠い話。

知育いすデスクを落ち着きのない子どもたちに活用してもらい、学習できるこ
とによってわかることが増え、自尊心を保てる(向上させられる)子どもたち
が増えたらいいなぁと思っています。

子どもの成長にとって、「教育」はだいじです。
できないからあきらめていたのでは、子どもの成長はそこまで…

手の施しようのない(教育は無理)とおもわれていた子どもを忍耐強く地道に教
育をしてくださり、成長の糸口を見つけてくださるSHINOBU先生の存在は、わたし
の心の支えです。

この子のために(この子のように困っている多くの子どもたちのために)でき
ることはないか…そう一生懸命考えて、「あきらめてはいけない」と信じた原
動力にもなりました。

今後ともよろしくお願い申し上げます。


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1359-6ce12132
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
Author:SHINOBU
新大阪教室

bnr_personal-osaka.jpg

今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ