待ち遠しいレッスン

 2013-01-29
DSC00019_convert_20130126194633.jpg


DSC00097_convert_20130126194742.jpg



今、「白ゆり発達支援センター」 のリーフレットを作成しています。

今日は、建物の外観と私の顔写真の撮影日、

予定の時刻に、デザイナーさんと担当の方がお越しくださいました。


撮影日がこの日であることは、ずっと前から、わかっていました。

でも、忙しくて、散髪に行く時間がない・・

もうじたばたしても仕方ないので、結局、ボサボサの頭のままでの写真撮影となりました (笑)


この1月は、色々なことが重なりすぎて、元日からマックスのテンションで仕事をしていても、どうしても、散髪屋さんの開いている時間を見つけることができない。

深夜営業のできる散髪屋さんって、都会にはあるのでしょうか?

できれば、宅配で、家に来てもらいたいくらいです。


でも、どんなに忙しくても、レッスンだけはお休みにはしません。

その日のレッスンのために、下の子を実家に預け、新幹線やホテルの予約をとり、何ヶ月も前からご準備をしてくださっている方がいらっしゃることを知りました。

一つ一つのレッスンを大切にしなければ、すべてを大切にしないのと同じこと、

いつもそう考えて取り組むように心がけていますが、実は、もう一つの理由があるのです。

それは、レッスン自体が楽しいのです。


今回、2人の子の映像をアップさせてもらいましたが、この表情をご覧になって、どんなことをお感じになりますか?

何ヶ月か前には見ることのできなかった、とてもやわらかい、伸びやかな表情です。

こうなってくると、次のレッスンは誰だったかと待ち遠しくもなりますし、今度は誰々ちゃんかと楽しみでなりません。


もちろん、レッスンの厳しい局面を、誰よりも知っているのは私です。

そして、どんな厳しい場面に出会っても、決してここから逃げない覚悟は決めています。

その深い決心は、必ずや子どもの心に響きます。

だからこそ、楽しいレッスンのねうちが、私にはわかるのです。


私が楽しくなくて、子どもが楽しいわけはありません。

そういう気持ちで子どもに向き合えなくなったなら、私は心の中で、静かに看板を降ろそうと思っているのです。






にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1345-f930b090
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ