豊かな自己決定に至るプロセス

 2012-11-26
私は、福島県・郡山市の教職員研修会で、お話をさせていただいたことがあります。

その時、教育委員会の研修担当として私をお招きくださった指導主事さんは、今は、校長先生としてご活躍をなさっています。


その先生は、教職員研修での講師を依頼する際には、まずご自身がその先生が主宰されている講座に研修生として参加し、是非とも先生方に研修を積んでてもらいたいという内容のものだけを選んでいるということでした。

そんな先生が、講師にお迎えくださる際に、「今、個別指導の実践を語れるのは、先生をおいて他にはいません」 と、私にお伝えくださいました。

たったのその一言が、当時の私に、どれだけ大きなインパクトを与えたことでしょう?

その時の気持ちを、私は今でも決して忘れることができません。


岡山の人間が、わざわざ福島まで行き講演をするということは、あまり日常的なことではないはずです。

費用だって、時間だって、それ相応にかかってくるのです。

もっと近くの地域にも、優秀な先生、すばらしい実践を積んでおられる先生はたくさんいるはず・・

それを承知で、あえて私を指名してくださったということに、私は、これまでにない誇りと高揚感を感じたものでした。


研修会の打合せの多くは、メールによるものでした。

福島に着き、初めてお会いしたその先生は、まるでずっと前から志を同じくした旧知の友人のような親しみを覚えました。


もしもこの先生に出会っていなければ、今の自分はなかったかも知れない、

いつしか、そんな思いが心の中で、次第に広がっていくように感じらえました。

いつの間にか、この先生の存在が、私にとってなくてはならないものになり始めたのです。


「いつか、かならず岡山に参りますから」

2年目の研修会が終わった後、郡山駅までお見送りいただいた先生は、そのように私にお伝えくださいました。


今でも、私の最大の理解者は、この先生だと思っています。

次に出会ったときにも、この先生の目をしっかりと見て話ができるよう、それに恥ずかしくないだけけの生き方を続けていたい、

新幹線の中、移りゆく景色をぼんやりと眺めながらも、ずっとそんなことを考えていました。

そのモチベーションは、その時から色あせるどころか、どんなに忙しくても、この先生の期待に添える実践を目指すなら、決して妥協するなと戒める、これまでにない、もう一人の自分を生み出していきました。


SHINOBU先生がいたからこそ、私はここまで頑張ることができた、

時々、サポートさせていただいているお母さん方が、そんな風にお伝えくださることがあります。


人は、自分のことを理解してくれている人がいると、心の芯から感じることで、思いがけないほど大きな力がみなぎってくるように感じることがあります。

私にとってのそういう存在は、まぎれもなくこの先生で、当のご本人はきっとそのように感じておられないでしょうけど、この先生がいたからこそ私はここまで来られたと、今でもずっと本気でそう思っているのです。


私は、ある意味、この先生を勝手に偶像化して、崇めまつっているわけです。

しかしながら、この先生は、私にとって、それに耐えうるだけの存在であった、

人がより豊かな自己決定に至るためのメカニズムには、こんな形もあるわけです。


我が子のために、命を削るように前に進んでおられるご家族の努力を、きちんと受け止めることのできる存在になりたい、

そして、どんなに離れていても、ずっと心の中でそのことを支え続けられる存在でありたい、

特に、県外からはるばる岡山までお越しくださるご家族に対して、私はいつも、そんな思いで接するように心がけています。


支援とは、家族に成り代わって何かをして差し上げることではなくて、主体者としての力を最大限に引き出すことができるような存在であり続けること、

私が、この先生に活動の息吹を吹き込まれた如く、多くの方の心のよりどころとなるような存在でいたい、

そのことが、私に科せられた最大の責務であるのです。


今頃きっと、あの校長先生もご活躍のことでしょう、

今でも時々、校長としての歩みを、私にメールでお伝えくださることがあります。

そんなに毎日お会いするわけでないからこそ、なおさら他に替えることのできない大切な存在であるのです。


先生の学校には、もう雪が舞い始めているのでしょうか?

今度また酒を酌み交わすその時、

その瞬間は、いつまでもきっと、私の心の中で生き続けていくことでしょう。





にほんブログ村 教育ブログ 特別支援教育へ

↑ 大切さを全国に伝えたい! 応援の1クリックを よろしくお願いします。 ↑
コメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2012/11/27 10:04】 | # | [edit]












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://shinobu1.blog117.fc2.com/tb.php/1311-fd44b5fb
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
大切さを全国に伝えたい
Author:SHINOBU
今までにご覧いただいた方
 

百万アクセスまでがんばりたい

カテゴリ
最近の記事
月別アーカイブ